Pocket

blog_furuhata_phote_name From:
事業承継における
「経営承継と後継者育成」実現士
降旗 利弥

もしかしたら、
ゴマ化しているんじゃないか?

疑ってみる価値が、
あると思いますよ。

 

次の様なことを、
あなたも聴いたことが、
あると思います。

「当社は、
お客様に満足をお届けしています!」
なんて言葉を。

私が、北陸地方の、
ある中小企業の、
経営幹部だった頃のことです。

社員から意見を聞いていると、
「うちはお客様に、
満足していただくために、
日々活動をしています。

お客様に満足いただくように、
日々努力をして、
売上げアップに貢献したい」
というようなことがたくさん出てきました。

その時は、
”そうだよ、そうだよね”
と思っていました。

半年ほどたって、、、

売上はちっともアップしていません。
いや、下降傾向から、
一向によくなりません。

地をはうような売上のままです。

私は疑問をいだきました。

お客様の満足度を、
アップするんだよね。

ならば、、、

お客様は満足して、
購入いただけるので、
売上はアップするはずでは?

アップしないまでも、
下がることは、
ないはずでは???

現実との差は、
一体なぜなんだ???

社員と話し合う機会を、
設けましたよ。

「なぜ売上げアップしないの?
というより、
なぜ売上が下がるの?」

『日々、一所懸命に、
活動はしているのですけどね、、、』、
と社員。

「お客様の満足度はどうなの?」

『それは、、、どうなんでしょう。
悪くはないと思うのですが、、、』

私はちょっと違和感を覚えました。

なんかおかしい。

この胸につかえるような、
なんとも言えない、
気持ち悪さは、
一体全体、何なのだろう?

「えっとね、、、
お客様に満足していただくんだよね。」

『えぇ、そうです。』

「お客様に満足していただくために、
実際にはどのようなことを、
やっているのかなぁ?」

『えっ?
どのようなことをやっているか、、、
ですか???』

「そうだよ。
お客様が満足するように、
なにかやらないと、
お客様は満足しないんじゃぁないの?」

『えぇ、、、それはそうですけど。
いろいろなお客様が、
いらっしゃいますから。』

私の気持ち悪さは、
ドンドンと、
大きくなっていきます。

「いろいろなお客様が、
いらっしゃることはわかるよ。

とはいえ、
お客様に満足していただくために、
意識してやっていることが、
あるよね。
それはどんなこと?」

『やっていることですか、、、』

「実例でいいよ。
例えば、あなたのお客様の、
○○社さんには、
どうしているの?」

『えっ、○○社さんですか、、、
それはですね、、、』

「○○社さんに、
満足していただくように、
なにかやっているんですよね?」

『それは、、、』

「○○社さんにはやっていないの?
では、他にあなたが担当している、、、
△△社さんはどう?」

『えっえっとですね、、、』

私の胸につかえていた、
気持ち悪さは、
マックスに達していました。

もう、破裂寸前の、
風船のような大きさ!(笑

と、同時に、
気持ち悪さを感じていた、
原因がハッキリしました。

お客様は、
どんなことに満足を感じるのか?

満足を感じていただくために、
私達は、具体的な行動として、
何をするのか?

 

この2つのことが、
ハッキリしていませんでした。

実際の行動としては、
なにもおこなっていませんでした。

これでは、
お客様が満足を感じることは、
多くはなかったでしょうね。

で、ですね、、、

お客様が満足と感じることは、
どのようなことか?

満足感を満たすために、
どのようなことを、
実際にするのか?

これを探り、
明らかにしましたよ。

そして実行です。

実際に行ったことは、
一つ、二つのことです。

たくさんのことを、
やったわけではありません。

影響がなかった、
外した実行策もありましたよ。(笑

しかし、、、

実際におこなうことで、
売上は少しずつ回復しました。

減少することは、
なくなりましたよ。

今回は、私の実体験のお話。

あなたの事業、ビジネスに、
当てはめてみてくださいね。

あなたの事業は、
お客様に何を提供していますか?

お客様に、
どのように感じていただこうと、
していますか?

その中身が明らかですか?

実現のために、
なにを実行するのか、
明らかになっていますか?

そして、実行していますか?

この部分を、
ゴマ化さないようにしましょう。

一つでも、二つでも、
ゴマ化さずに取り組むと、
売上アップを、
手にすることができますよ。

あなたもわたしも、
実際に事業を行っています。

だからこそ、
実行できる中身にしましょうね。

本日も、最後まで読んでくださり、
ありがとうございました。

 

ウィズスマイル
降旗_筆サイン

 

【 あわせて読みたい関連記事 】

Pocket