Pocket

blog_furuhata_phote_name From:
事業承継における
「経営承継と後継者育成」実現士
降旗 利弥

先日の夜。

少し帰りの時間が、
遅くなりました。

で、近くの駅からタクシーに乗り込みました。

少し疲れていましたし、
ちょっとの間、
ゆったり座りたいとも、
思ったからです。

タクシー乗り場で少し待っていると、
すぐにタクシーが来て、
乗る順番になりました。

黒塗りのタクシー。

屋根の上のマークが、
日頃その駅に、
乗り入れいている会社とは、
違いました。

”あらま珍しい。
○○交通のタクシーじゃないんだ。”

私の目の前に、
スーッと止まったタクシーの、
後ろのドアがクンと開きました。

よっこらしょと乗り込みました。
(うーん、、、格好良くないなぁ、、、笑)

後部座席に身を沈めました。

「ドアを閉めてよろしいでしょうか?」
と運転手さん。

最近、タクシーの運転手さんも、
応対が丁寧な人が増えたなぁ、
なんて思っているうちに、
ドアがバタンと閉じました。

「○○の□□までお願いします。」

行き先を告げると、
「□□というと、、、
△△の先の※※のところですね。」
と運転手さん。

「あぁ、そうです。
※※のところです。」

「はい、、、」と、
車が発進しました。

その駅から家の方角には、
少し急な坂を登り、
その先を下って、
交差点を過ぎていきます。

グーンというエンジン音とともに、
背中にGがかかるのを感じながら、
ボーっとフロントガラスから見える、
景色を見ていました。

急な坂を登り切ると、
今度は少し急な坂を下ります。

下りきったところには、
信号機のついた交差点。

坂の上からみると、
そのときは、丁度、青信号。

このままいくと、
赤信号で、一度止まるな、
なんて思っていました。

案の定、
黄色信号に変わりました。

しかし、、、

タクシーはスピードを落としません。

”おぉ、赤信号になるよ。
おい、おい、まさかだよね、、、”

タクシーのスピードは落ちるどころか、
少しエンジン音が高く、
大きくなっています。

えっ、黄色のうちに、
すぎるのは、無理でしょう、、、

その先の、
交差点で交差している道。

広い道ですが、
この時間になると、
車はまばらです。

その時も、
交差点を前に、
止まっている車は、
ありませんでした。

と思っているうちに、
赤信号に。

タクシーは、
交差している道側の信号が、
青になると直前に交差点に進入。

その後は、
ハヤテのごとく!
交差点をあとにしました。

一瞬にして、
目が覚めましたよ。

ドキドキと、
心臓の鼓動が、
少し早くなりました。

信号は、
自動で切り替わっていますね。

交差する道に車がいなくて、
危険がなければ、
赤信号直前の交差点を、
疾風のように駆け抜ける。

わからなくはないですが、、、(笑

信号は、交通のルールにそって、
変わっていますよね。

赤は止まれ。
その時、
交差している道の車側は青。

このルールに従って運転していると、
事故に巻き込まれる確率は、
低くなります。

信号が、
コントロールしてくれるわけです。

ある意味、
交通事故による、
生命や怪我のリスクを、
コントロールしてくれています。

しかし、、、

経営では、
このようにはいきませんね。

ドライバーの運転を仕切るように、
あなたの経営を制御する、
信号がありません。

交通信号は、
「赤信号。みんなで渡れば怖くない」(古い!笑)
です。

経営、事業運営では、
「赤信号。経営者だけでも渡っちゃう」
というわけですね。

信号は、
経営者のあなた自身です。

あなたが、
「大丈夫、大丈夫!」
とか、
「赤?そんなことはないよ!
まだまだ行けるよ!」
と、言うことができてしまいます。

その結果、後戻りが、
できなくなってしまいます。

傷口を広げてしまうことも、
少なくありません。

大きな痛手を負うことも、
少なくありません。

このような状況は、
あなたにとって、
どのような気持ちになるでしょうか?

心地よいですか?
それとも、気持ち悪いですか?
避けたい状況ですか?

このことから考えると、、、

黄色信号、赤信号を、
あなたの考えと切り離し、
あなたの目の前に、
見せてくれる仕組みがあれば、
事故に遭う確率が減りますね。

それにはどうすれば、
うまくいくでしょうか???

この状況は黄色信号だ、
この状況は赤信号だ、
という判断基準を、
事前に決めておきましょう。

 

その状況になった時、
自ら信号を発動しましょう。

そして、、、

スピードを緩めましょう。
一度止まってみましょう。

状況と内容を確認し、
どうするのかを検討する時間を、
設けましょう。

その上で、
そのまま走るのか?
少し徐行して様子を見るのか?
完全に止まって見直すのか?
決めることをしましょう。

タクシーの運ちゃん。
今回は運良くすり抜けました。

交差点の見通しが良ければ、
交差点の状況がわかるからですね。

経営、事業運営は、
そんなに見通しがハッキリしているとは、
言えないですよね。

それだけに、、、

事前に信号を設定して、
判断と行動をすることが、
あなたを事故の確率から、
遠ざけてくれるでしょうね。

あなたは、
無謀な深夜のタクシードライバーですか?

それとも、
リスクを察知して回避できる、
上手なドライバーでしょうか?

本日も、最後まで読んでくださり、
ありがとうございました。

 

ウィズスマイル
降旗_筆サイン

 

【 あわせて読みたい関連記事 】

Pocket