Pocket

blog_furuhata_phote_name From:
事業承継における
「経営承継と後継者育成」実現士
降旗 利弥

殿様と将兵、
それぞれの思考、行動は、
まったく違うということを、
「経営者・社長の思考 社員の思考」
でお伝えしましたね。

NHK大河ドラマ

『軍師 官兵衛』

の御着城落城のなかに、
それがアリアリとあったからでしたね。

で、ふと思い起こすと、
官兵衛を幽閉した、
かつての盟友
摂津国主 荒木村重。

かれが織田の武将でありながら、
反旗をひるがえす、
キッカケを作ったのは、
家老職の中川なにがしでした。

荒木村重は、
石山本願寺攻め、
播磨攻略の過程で、
織田信長に不信感、
不安感を抱きはじめます。

このまま、
功績を上げなければ、
織田に荒木家は、
攻められるかもしれないと。

そのようなとき、
先走って、籠城のために、
兵糧を集め、準備を始めたのが、
中川なにがしでした。

ところがですよ。

いざ、本当に織田軍が、
摂津に攻め込むと、、、

このまま荒木家にいては、
我が身が危ないと、
真っ先に、
荒木村重を裏切り、
織田に命乞いをしちゃう。

家臣の心情、行動
= 社員の心情、行動

なのですね。

「社員はいつでも自分を助けてくれる、
事業のチカラになってくれる」
と思っていると、
イラっとするわけです。

「なんでうちの社員は!!!」
と腹がたつのですね。

どんなに腹をたてても、
どうにもなりません。

身も蓋もありませんが、
これが事実であり、現実です。

だから、、、
社員は、
「もともとこういうものだ!」
と思っていないと、
やっていられないと思いますよ。

その中で、どうやって、
家臣団である社員をまとめあげ、
強力な組織を作り上げるのか、
ということですね。
小寺家、荒木家が、散々な一方、
黒田家の家臣団の結束力は強いです。

目薬売りから小寺家に仕官。

外様の家臣として、
常に戦いの先方や、
危険な戦場を任されながら、
武功を上げていました。

官兵衛の代になり、
強まることはあっても、
結束が弱まることは、
なかったようですよね。

その過程で、、、

土牢の官兵衛を、
重臣達は、我が身を顧みず、
何とか救出しようと、
奔走する。

官兵衛も土牢の中で、
家臣が救出に、
来ることを信じて、
生きようとする。

「ドラマだからね」
という点はあったとしても、
あながち作り話ではないわけで、、、

荒木家・小寺家と黒田家。

ちょっと考えてみてくださいね。

あなたの会社、
経営者のあなたと社員の関係。

もし、小寺家や、
荒木家のようだったら、
あなたはどのような気持ちに、
なるでしょうか?

もし、あなたが小寺の殿様だったら、
荒木村重だったら、
どんな心持ちでしょうか。

一方、、、

もし、あなたの会社が、
黒田家の家臣団の様な、
結びつきだったとしたら、
あなたはどのような気持ちに、
なるでしょうか?

もし、黒田家の主と家臣のような、
経営者と社員の間に、
強い関係性のある組織が、
つくれるとしたら。

あなたはその方法を、
身につけたいと思うでしょうか?

私のクライアントさん達は、
黒田官兵衛の重臣の様な社員を、
見つけ出しています。

事業を成長させるために、
自分から行動をおこす、
社員を見つけ出しています。

採用しても思ったような成果を、
ちっとも出してくれない。
直ぐに辞めてしまう。

そんな採用を、
繰り返していたのに、
今では、
事業展開の強力な力となる人材を、
採用できるようになっています。

不平、不満ばかりで、
言ったことをやらなかった社員が、
熱心に取組むように、
変わってきていますよ。

社員が、自分達で、
考え、行動していますよ。

その結果、、、

今まで売れなかった商品が売れて、
売上が右肩上がり。

3年で4.7倍の売上獲得。

数ヶ月、半年の活動で、
前年の10%増しをラクラク達成。

などの成果を出しています。

どのように考え、
どのように行動するのか。

これを知って、
実行するだけで、
社員との関係性は変わります。

社内の組織が、
チカラを発揮するように、
なりますよ。

どんな考え方、
どの様な行動が、
必要なのでしょうか?

このメルマガの中でも、
少しずつお伝えしていますし、
これからもお伝えしていきますね。

まとまって体系的に学ぶと、
効率が良く、
成果を直ぐに手に、
できるようになりますね。

それは、私も、実感しています。

15年前の私が、
体系的に学び、実践していたら、
胃のキリキリとした痛みに悩むことなく、
夜、寝られない不安と、
戦うこともなかったと思います。

体系だてて、
お伝えできるように、
現在検討中です。

詳細は、このメルマガで、
お伝えしますね。

 

本日も、最後まで読んでくださり、
ありがとうございました。

 

ウィズスマイル
降旗_筆サイン

 

【 あわせて読みたい関連記事 】

Pocket