Pocket

blog_furuhata_phote_name From:
事業承継における
「経営承継と後継者育成」実現士
降旗 利弥

あなたが、事業継承、
会社を継ぐことで、
社長になるときのことを、
考えてみてくださいね。

「赤字事業を挽回して、
少しでも赤字額を少なくしよう。
そして黒字化しよう!」
と考えますよね。

では、

赤字を少なくして、
黒字化するために、
どんなことをしようと、
あなたは考えるでしょうか?

「まず、赤字になっている、
原因を明らかする。
その原因を取り除く、
解決策をおこなう。」

パーフェクトな回答ですね。

でも、、、

赤字事業を黒字化し、
継続することは、
容易ではないでしょう。

なぜなら、、、
あなたは、
悩み続けてしまうからです。

悩むことで、
解決策の実行に、
なかなかたどり着かないからです。

一度、事業の現状を受けいれ
悩むことをやめれば、
解決策を導きだし、
実行し結果を手にすることができます。

「今、私が悩んでいるって?
それはどういうことだ?
受け入れるとは、
どういうことだ?」と、
あなたは思ったでしょう。

例えば、、、

売上をアップしたいのに、
ちっとも売上がアップしない、
という状況と考えてくださいね。

  • ちっとも売上アップしない原因は何だ?
  • できていなことがあるのか?それは何だ?
  • もしかしたら、自分の能力なのか?
  • 社員の能力なのか?

原因と考えられる項目は、
いくつもでてくるのですが、
どれが当たっているのか?
わかりません。

以前、地方の中小企業の役員として、
事業を任されたとき、
私はこの状況に陥っていました。

「もっと適切な原因が、
他にあるのではないのか?
もっと調べて、考えてみないと」
と確信が持てずにいました。

この状況。

考えているようですが、
実際には、悩んでいるだけでした。

何も実行できずに、
時間だけが過ぎていきました。

この状況から脱出するには、
どうしたらよいでしょうか。
それが、、、

今の事業のやり方では、
事業として黒字にならないという、

現在の状態、状況を受け入れること

でした。

何か原因があるのではないか?
それはなにだろうか?

ではなく、

もう変えるんだ!
という考え方になりましたよ。

変えると決まったので、
あとは、実際に、
変える部分を決めて、
実行するだけでした。

私のクライアント様も、
「今の事業のやり方では売上アップが難しい」、
という現状を受け入れてから、
ドンドン実行して、
結果が出るようになりましたよ。

今の状況を受け入れ、
あなたの中で、
現状を変えようと、
決めてくださいね。

考え方を決めると、
行動につながります。

行動は成果につながりますよ。

 

本日も、最後まで読んでくださり、
ありがとうございました。

 

ウィズスマイル
降旗_筆サイン

 

【 あわせて読みたい関連記事 】

Pocket