Pocket

blog_furuhata_phote_name From:
事業承継における
「経営承継と後継者育成」実現士
降旗 利弥

経営の技術や能力が、
社長の後継者には大切だ、
成果を左右すると思っていました。

実際には、
どうでもよかったのです。

それよりも、
社長の後継者が、
どの集団に属しているのか、
ということの方が大切でした。

なぜなのか?ということで、
「ノミ」のお話です。

「げっ!なんでノミなんだよ!
って思ったかもしれませんね。(笑

次の話をイメージしながら、
読んでくださいね。

「ノミ」

体長わずか数ミリの虫。
垂直方向に20cmぐらい、
なんと体長の50倍も、
ジャンプします。

人間で換算すると、
身長170cmの人なら、
85m!!!
ジャンプします。

ビックリでしょ!(笑

この元気なノミを、
深さ10cmの水槽に入れて、
透明のガラス板で蓋をします。

ノミは当然、
いつも通りのジャンプを、
しますよね。

しかし、10cmのところには、
ガラスの板が蓋をしています。

当然、ノミは、
10cmジャンプすると、
ガラス板にぶつかります。

これをしばらく放置します。

そして、ガラス板をはずすと、
なんとノミは、
ガラス板がないにも関わらず、
10cmしかジャンプしないそうです。

この状況。

人に当てはめると、
ガラス板は、

  • 「そんなことはできない!」
  • 「無理だ!」
  • 「今までのやり方でいいんだ!」
  • 「無理はしない方がいい」

というあなたへの批判・意見です。

ほとんどの人が、
学校と家庭で、
この洗礼を、
受け続けてきています。

そして、
自分には向いていない、
経営は自分には難しい、
思い込んでいる状況です。

「ノミ」の話に戻って、、、

10cmしか飛ばなくなったノミを、
20cm以上飛べるように、
戻す方法をご存知でしょうか?

とても簡単です。

10cmしか飛ばなくなったノミを、
元気に20cmジャンプする、
ノミの群れに入れます。

周りがドンドン20cmジャンプするので、
自分も飛べたことを思い出し、
やがて20cm以上ジャンプするように、
戻りますよ。

これが何を意味しているか、
お判りですよね。

自分から変化しようとする、
集団に身を置くと、
自分もできると思うようになって、
目指す姿を実現することができますよ。

成果を手に入れたければ、

成果を出す意欲のある人と一緒にいる

ことです。

全てがそうだとは言いませんが、
高額セミナーの参加者は、
学び実践することに、
意欲ある人たちだ、
と言うことができます。

20cmをジャンプする、
元気な「ノミ」ってことですね。(笑

この群れを見つけて、
そこに身を置き、
他の「ノミ」と切磋琢磨すれば、
自然に20cmジャンプが、
できるようになっていますよ。

後継者のあなた!

あなたに適合する、
「元気なノミの集団」に、
身を置いてくださいね。

そこで、学び、実践!
してくださいね。

その先に、
あなたの欲しい成果が、
待っていますよ!

本日も、最後まで読んでくださり、
ありがとうございました。

 

ウィズスマイル
降旗_筆サイン

 

 

 

 

 

【 あわせて読みたい関連記事 】

Pocket