Pocket

blog_furuhata_phote_name From:
事業承継における
「経営承継と後継者育成」実現士
降旗 利弥

会社を継ぐ。
事業承継を行う。

そもそも、
事業承継って、
どういうことを指すのか、
お判りでしょうか?

ちょっと心もとないので、
ググってみると、、、

会社の経営を後継者に引き続こと

とか、

相続財産の評価などの想像対策と、
後継者育成などの会社存続発展が課題

とか、

経営者としての地位や株式、
不動産などの資産を、
後継者に引継ぐこと

と説明されています。

なるほど、だからなのか、
と合点がいった事もあります。

同時に、
なんかおかしい、
と思いませんか?

まずは、合点のいった点から。

資産の譲渡、
会社の経営を後継者に譲る。

税務と相続関係の法的処理、
と考えているから、
税理士、弁護士の先生が、
事業承継の相談や、
実務の表舞台に出るのですね。

後継者がいないと、
リタイアして、
会社、事業の譲渡になるので、
M&Aの方々が、
相談役になるわけですね。

なるほどと思いながらも、
これが事業承継というのは、
なんかおかしいと思いませんか?

事業承継のうちの、
聞き慣れない、
「承継」の意味から。

承継とは、
主に権利または義務を引継ぐことをさす、
法律用語のようです。

となると、
事業承継は、

事業をおこなうための、
権利および義務を引継ぐこと

になりますよね。

事業をおこなうこと、
事業を継続するために、
必要な権利と義務を引継ぐ、
というわけです。

会社という器、
財産も重要ですが、
それ以前に、
「事業」の継続が、
重要ですよね。

ということは、

事業をこれからどうしていくのか?

どうやって継続していくのか?

この点が、
最も重要になります。

後継者が、

  • 今の事業を続けていく能力
  • 続け発展するように変えていく能力
  • 社員を巻き込み実現する能力

を身につけるように、
能力を伸ばすように、
育つ必要があります。

財産とか会社、
経営を引継ぐことは重要です。

しかし、
事業が続けられなければ、
会社を継いでも、
それでオシマイです。

財産を継いでも、
活かすことができません。

社員を事業に巻き込めなければ、
会社は機能しません。

事業承継に置ける、
最も重要なポイント。

それは、
後継者の事業運営の能力と、
事業を発展させる能力です。

この2つの、
事業に関する能力を持っていて、
活かすことができれば、
成果を手にできるでしょう。

そこに会社という器と、
経営権が引継がれ、
財産が引き継がれると、
事業は成長に向かいます。

事業運営と事業展開の能力。

これだけは、
後継者自らが、
身につける必要があります。

身に付け、
活かすことができるようになる、
ことが必要です。

実践する観点で、
学ぶ、学べることが、
必要なのですね。

本日も最後まで読んでくださり、
ありがとうございました。

ウィズスマイル
降旗_筆サイン

 

 

 

【 あわせて読みたい関連記事 】

Pocket