Pocket

blog_furuhata_phote_name From:
事業承継における
「経営承継と後継者育成」実現士
降旗 利弥

今の社長も後継者も、
不思議には思わないのでしょうか?

私には、
事業承継における後継者教育が、
変で不思議なことに思えて、
仕方がありません。

何が変で、
不思議なのかというお話。

あなたにお子さんが、
いたとしましょう。

  • 勉強ができるように。
  • 成績がよくなるように。
  • これからも本人が熱心に勉強するように。

このように考えたら、
あなたはどうしますか?

お子さんが、
もっと勉強ができるように、
自信がつくようになりたい!
と言ってきたら、
あなたはどうしますか?

学校に行かせずに、
自分で子供に、
勉強を教えますか?

そんなことは、
しませんよね。

では、どうしますか?

まず、、、

学校に通わせますよね。
さらに成績を良くするために、
塾にいかせたり、
家庭教師をつけるかも、
しれませんね。

どんなに自分が、日頃、暗算をし、
そろばんを弾き、
少し難しい計算をやっていても、
教えることはしないでしょう。

これって普通の感覚だと、
思うんですよね。

ところが、
全く逆を行っているところが、
あるんですね。

事業承継を実施した、
中小企業へのアンケート
(日本公庫総研レポート「中小企業の事業承継」2010年)
の集計結果を見て、
驚いたんです。

後継者の育成方法について、
重視していることが、
調査の設問のひとつです。

もっとも重視していることは、
「現経営者が後継者をサポートしながら、
経営に関する経験を積ませる」こと。

二番目が、
「後継者には社内で実務的勤務経験を積ませる」こと。

この二つの割合が、
図抜けて多いのですね。

この結果を聴いて、
あなたはどう思うでしょうか?

当然?
変だよな?

どちらでしょうか?

絶対変だ!
と私は思いますよ。

先ほどの、
あなたのお子さんの勉強と同じです。

お子さんの勉強の力を伸ばすために、
ほとんどの親は、
子供を学校や塾に行かせます。

自分では教えませんね。

  • 教えている余裕がない。
  • 教え方もわからない。
  • 自分の中で教える内容が、体系化されているわけではない。

学ばせることがうまい専門家に、
お願いしますよね。

今の経営者の状況は、
子供の親と同じだと思いますよ。

にもかかわらず、
今の経営者、経営幹部が教えられる、
と考えているわけです。

五十歩ゆずって、、、

後継者が経験を積めたとしても、
それを実際に活かせるでしょうか?

経験することと、
それを使えることは、
全く別のことですからね。

後継者は社内で育つ!
そんなことはありません。

社内で身につく経験は、
経営とはいうより、
今の会社の事業のやり方です。

それに今の経営で、
赤字事業になっているのですよね。

その今の経営を教えられて、
後継者が、
自信と期待を持って、
将来の経営を担えるでしょうか?

会社内に置いておけば、
後継者は育てられる。

経営について学ぶことができる。

これって、
今の経営者の傲慢さ、
だと思いますよ。

この状況にのる後継者は、
甘えていると思いますよ。

経営、事業運営について、
後継者は、
社外で学ぶこと、
をしましょう。

体系立てて学び、
実践することをしましょう。

その上で、
社内で事業の経験を積む機会を、
増やすようにしましょう。

本日も最後までお読みくださり、
ありがとうございました。

ウィズスマイル
降旗_筆サイン

【 あわせて読みたい関連記事 】

Pocket