Pocket

blog_furuhata_phote_name From:
事業承継する後継者の
「育成と経営」のアドバイザー
降旗 利弥

後継者が会社を継ぐ。
事業継承し、
後継者が経営をすることになりますね。

それには、
事業継承に関する、
3つの課題領域のひとつ
「経営の継承」が、
現経営者から行われることです。

ちなみに、
残りの2領域は、
*後継者の選定
*資産・負債の継承
です。

経営の継承とは、
どんなことでしょうか?

多くの方が、
会社の存続
をイメージするようです。

その意味あいから、

  • お客様
  • 取引先
  • 従業員とその家族
  • さらには地域社会

に対して、
後継者には経営者としての責任があると。

私も以前は、
そのとおりだ!
と思っていましたよ。

しかし、最近は、
本来の責任と、
結果として発生する責任が、
混ざっているように思っています。

経営の継承は、
本来の責任を、
果たすために経営を引継ぐこと。

結果としての責任は、
犠牲になることもある、
と思っていますよ。

現在の経営者の方に、
お尋ねしたいのですが、、、

  • なぜあなたはその事業をおこなっているのでしょうか?
  • なぜ個人保証をしてまでお金を借り入れて、事業を継続しているのでしょうか?

 この質問への答えは、
経営者の方、
それぞれが持っていると思います。

どれが正解で、
どれが不正解、
というものではないと思っています。

ポイントは、
会社を経営していることではなく、
事業をおこなっている理由、
事業を継続している理由、
という点です。

会社ではなく、
事業に焦点を当てている点です。

あなたは、
事業という手段を通じて、
お客様が必要とする『価値』を、
提供しているのですよね。

お客様は、
あなたが事業を通じて提供する、
その『価値』を必要と考え、
購入されるのですよね。

ということは、、、

後継者は、
お客様に『価値』を提供し続ける、
さらに優れた『価値』を生み出し提供する、
という点に責任を負う、
ということだと思うのですね。

後継者が経営を継承して、
責任を負う相手はお客様

地域ビジネスの場合は、
その地域が加わりますよね。

『価値』の提供に支障があるならば、
取引先を変えることもあるし、
社員の入替えもいとわない、
ということだと考えていますよ。

取引先、
社員やその家族への責任は、
重要ですよ。

しかし、、、

それに囚われる前に、
事業の継続、
『価値』提供の継続を、
優先して考える必要がある、
ということですね。

ということは、、、

会社を継続することよりも、

『価値』提供 = 事業

を継続することが本来の責任。

このように考えると、
後継者の考える領域を、
広げることができますよ。

本日も最後までお読みくださり、
ありがとうございました。

 

ウィズスマイル
降旗_筆サイン

 

 

【 あわせて読みたい関連記事 】

Pocket