Pocket

blog_furuhata_phote_name From:
事業承継する後継者の
「育成と経営」のアドバイザー
降旗 利弥

あなたの会社で、
後継者が働くとき、
どの様な役職に据えるのか、
経営者は悩むようですね。

後継者の年齢と、
今までの仕事の内容と仕事の経験。

これによって、
どんな役職に就けるのかは、
代わってくると思いますよ。

ただし、
後継者だからと言って、
安易に部長や役員に、
据えないことですね。

既存社員から、
どのように見えるのか、
見られるのか、
それは意識した方が良いですよ。

後継者にとって大切なことは、
役職、ポジションというより、
自社でどの仕事から経験するのか
ということだと考えていますよ。

例えば、
前職で人事や経理をやった。
だから、経理や人事の役職にまずは就けて、
能力を発揮してもらおう!

このようなことは、
少なからずやってしまうこと、
だと思います。

最初からこのような処遇は、
避けた方が良いと思いますよ。

後継者が自社に入って、
初期にやるべきこと。

それは、
自分の脳力を発揮する以前に、
自社の売上を生み出している仕事を、
することですよ。

接客業なら、
接客している現場で働くこと。

製造業なら、
実際の製造現場に、
携わることです。

ただし、
働く、携わる、
というのは、
実際の接客、製造を、
やるとは限りません。

大切なことは、
売上を作り出している現場を、
身をもって知る、体験する
ということです。

その過程で、
現場の人から、
実際の仕事について、
教えてもらう。

わからないことは質問して、
教えてもらうことです。

どの様な仕事を経て、
売上があがるのか。

何をどのようにして、
どんなことに注意を払い、
どんなことに苦労をしているのか。

これを細かく知ることが、
自社の事業を、
知ることにつながりますよ。

で、このことは、
後継者だけでなく、
経営者にとっても、
必要なことです。

昔は自分も現場でやった。
だから、現場の仕事は、
よくわかっている。
と考えている経営者の方は、
少なくありません。

だから、経営者になると、
現場にはほとんど行かない、
という方も少なくありませんね。

知っているようで、
実際の現場のことは、
ちっともわからないものです。

その結果、
現場、社員から、
暗黙の反発を招きますよ。

原因がよくわからないけど、
最近売上が、、、
なんてことになります。

で、、、

後継者は、
自社の売上をつくる現場を、
常に詳しく知り、
適切な手を打てるように、
しておきますよ。

その最初として、
売上を創っている現場で、
仕事を教えてもらうことです。

これは、
たとえ同じ業界で、
働いた経験があったとしても、
最初は全てを教えてもらうことです。

教えてもらう中で、
何が問題、課題なのか、
をつかむのが後継者の役目です。

その問題・課題を、
現場の社員と一緒に、
改善することが、
後継者の役割です。

後継者が現場で教えてもらうときに、
本人にも、現場の社員にも、
抵抗のない役職に就ける。

それを考えて、
後継者の役職を設定する、
ということです。

後継者が得意な分野、
そして、部長や役員に据えるのは、
現場で学び終えてからと考えていますよ。

本日も最後までお読みくださり、
ありがとうございました。

 

ウィズスマイル
降旗_筆サイン

 

【 あわせて読みたい関連記事 】

Pocket