Pocket

blog_furuhata_phote_name From:
事業承継する後継者の
「育成と経営」のアドバイザー
降旗 利弥

後継者を育てる方法として、
経営に関するセミナーに、
後継者を送り込みますよね。

後継者向けのセミナーを選ぶとき、
あなたはどんな観点で、
選ぶでしょうか?

  • 講師の顔ぶれ?知名度?
  • セミナーの形式(講義、ワークなど)?
  • カリキュラム内容?
  • 期間や頻度?
  • 事例が多いこと?

どれもポイントにはなると思います。

セミナーを選ぶ際には、
さらに重要なことがあると、
考えていますよ。

例えば、、、
次の様な例で考えてみてくださいね。

あなたはサッカーを習い、
うまくなりたい、
と思いました。

どんなスクールを探すでしょうか?

サッカースクールですよね。
間違っても、
ゴルフスクールは選ばないでしょう。

当たり前のことですよね。
サッカーなどならわかりやすいですね。

しかし、後継者の育成に関しては、
間違えてしまうことが、
少なくありませんよ。

で、サッカースクールを、
いくつか選び出したとしましょう。

サッカースクールでも、
「楽しくサッカーをやろう!」なのか、
「日本代表、世界のクラブで活躍する、
選手を育てるスクール」なのか?

目指すところが違うと、
同じ様な内容・中身を掲げていても、
実際におこなっていることは、
変わってきますよね。

テクニックを教えて、
あとは試合ができればいいよね、
なのか。

それとも、
サッカーそのものやプレー、
ゲームに対する、
考え方や視点を与えて、
それを実現するための、
技術・戦術を練習するのか?

同じ練習内容でも、
結果は大きく変わるでしょうね。

テクニック、方法、手法を教える。

これはサッカーに限らず、
教える側にとっては、
とても簡単なことです。

自分の創ったカリキュラムと方法に、
組み込んでしまえば良いからですね。

視点や考え方を教える。

これはちょっとやそっとでは、
できません。

理論と経験と信念が、
必要ですからね。

後継者が学ぶことも、
計画の作り方、
業務改善の方法、
コミュニケーションの方法などは、
とても簡単ですね。

しかし、
後継者が学ぶことは、
このようなテクニック、手法、
方法だけではありません。

テクニック、手法、方法が、
不要ということではありませんよ。

経営・事業の考え方や視点の上に、
テクニック、手法、方法が構築されるから、
役に立ち、結果を生み出します。

ラグビーのパスのやり方を、
どんなに詳しく習っても、
サッカーのパスの技術は、
うまくならないでしょう。

しかし、どのような考え方で、
パスをしているのか?

これはサッカーのパスに、
活かすことができますよ。

まぁ、そんなことを考えている人は、
多くはないですけどね。(苦笑

ビジネスの場合は、
他での考え方を、
自身の事業に活かすことが、
成り立ちます。

だから、、、

技術と考え方やものの見方(視点)を、
同時に学ぶことが、
後継者には必要だと思いますよ。

本日も最後までお読みくださり、
ありがとうございました。

ウィズスマイル
降旗_筆サイン

 

 

【 あわせて読みたい関連記事 】

Pocket