Pocket

blog_furuhata_phote_name From:
事業承継する後継者の
「育成と経営」のアドバイザー
降旗 利弥

現経営者が求める
後継者の能力、資質で断然多いことは、
「経営能力が高い」
だそうですよ。

出典:
「後継者に必要とされる能力」とその養成実態および改善点の調査研究
社団法人中小企業診断協会神奈川県支部(平成23年 報告書)

「自分には経営していく能力・資質がない」
「経営者としての力量は十分ではない」
「経営者としての自信がもてない:
と、後継者自身が考え、
継がないことを考えるのだそうです。

現経営者も後継者を、
そのように見ることが、
少なくないようですよ。

資質・能力・力量

資質は生まれつきの才能や能力のこと。
能力は物事を成しとける能力。
力量は、資質の程度のこと。

「よは生まれながらの将軍である」
と言った徳川家光でもあるまいし、
生まれながらの経営者は、
存在しないですよね。(笑

では、
経営者として、
成果・結果を出せる能力があるとは、
どのようなことでしょうか?

ドラッカー氏がいうには、
「誠実・正直・高潔・裏切らないこと = 真摯」
であることだと。

これが、
経営者として必須のものといわれると、
どうもピンときませんね。

これはこれで、
人として、社会人として、
必要な要素には違いないですけどね。

経営者に特徴的に必要か?
と言われると、
どうも違うように思えるのですね。

もうひとつ、
後継者に求められる条件として、
断然多いと言われるのが、
「経営意欲が高い」
ということだそうです。

ってことは、
後継者は「社長になりたい!」という、
思いが強いことが必要なのでしょうか?

なんかこれも、
どうもピンときません。

後継者ばかりでなく、
経営者など、
事業を行う人には、
次の三つが必要だと考えていますよ。

  • 素直さ
  • 実践
  • 情熱

では、順番に。

まず「素直さ」。

意味するところは、
人の意見をよく聴く
ということです。

自分とは異なる意見を、
まずは聴き、
自分の中に取り込むこと。

その上で、
自分の判断基準に合わせて、
取捨選択をすることです。

「相手の意見を聞いているよ」
とおっしゃる経営者、
後継者のかた、
少なくないと思います。

確かに、聞いていると思います。

でも、聴いていないですよね。

多くの方が、
相手の話が耳に入ってくると、
次の瞬間、
批判を始めますよね。

  • 正しいとか正しくないとか
  • 聞いたことがある
  • 知っている
  • そんなことはわかっている
  • そうは言っても、、、
  • だけどね、、、
  • 違うんじゃないのか

などなどの言葉が、
口をついて出てきます。

言わない時は、
早く言いたいと、
口を開くタイミングを、
見計らっています。

あるいは、
「なるほど!」
と安易に納得して、
満足してしまっています。

相手の話の中身を聴く
(聞くとは感じが違いますよ。
「きく」の意味が違います。)
ことをしている人は、
多くはありません。

いろいろ言わずに、
相手の話を聴きましょう。

批判せずに、
その話を中身を受け入れましょう。

自分の事業、ビジネスには、
当てはめるとどうなるか、
考えてみましょう。

わからないことがあるはずです。
質問をしましょう。

自分のビジネス、事業に、
どこまで当てはめられるか、
考えましょう。

その上で、
自分の持っている判断基準に、
照らし合わせて、
どうするか考えてみましょうね。

次は、実践ですね。

ちょっと長くなったので、
続きは次話です。

本日も最後までお読みくださり、
ありがとうございました。

ウィズスマイル
降旗_筆サイン

 

 

【 あわせて読みたい関連記事 】

Pocket