Pocket

blog_furuhata_phote_name From:
事業承継する後継者の
「育成と経営」のアドバイザー
降旗 利弥

後継者ばかりでなく、
事業を行う経営者には、
次の三つが必要だと考えている、
ということをお伝えしましたね。

  • 素直さ
  • 実践
  • 情熱

ドラッカー氏が言う「真摯さ」

経営者が後継者に、
断然に求めているといわれる、
「経営意欲の高さ。」

どちらも、
後継者に必要な能力となると、
ピンとこないのですね。
その理由をお伝えしています。

参照:
後継者が経営を継がないわけ
後継者に必要な資質

前回までに、
一つ目の「素直さ」、
二つ目の「実践」、
はお話ししましたね。

今回は「情熱」のお話です。

「降旗先生は、
経営への意欲は、
ピンとこないって言っていましたよね。

意欲と情熱って、
関係しているんじゃぁないですか?」

そうですね。
関係しています。

確かに、
経営への意欲が高いことは、
適切じゃぁないね、
ということを言いましたね。

何がピンとこないのか?
というと、、、

意欲の対象が、
経営だからです。

私は、意欲の対象が異なると、
考えていますよ。

後継者の意欲の対象は、
経営ではなく事業だ
と考えているからです。

社長になること、
社長をやっていることに、
意欲がある、
ではないってことです。

事業通じて実現しようとしている将来像。

この将来像の実現に意欲がある、
ということが、
大切だと考えています。

もし、経営者になりたい、
そこに意欲を燃やすならば、
起業した方がいいですよね。

後継者より事業を知っている、
ベテランや古参社員を、
気にすることはありませんね。

起業してしまえば、
自分のやりたいように、
自分が好ましい人を雇い、
自分のやりたい事業を、
やることができますからね。

今の経営者(多くの場合は親)から、
事業のやり方で小言を言われることも、
言い分を聞くとかも、
必要ありませんからね。

後継者として、
いつ経営者になれるか、
なんて気にすることも、
ありませんからね。

でも後継者は、
今の会社の事業を継ごうと、
考えているわけですよね。

だからこそ、
事業を通じて実現する事柄に、
意欲を持って欲しいのですね。

事業への意欲があるから、
それをおこなう手段である経営に対して、
いろいろなことを、
考えられるようになりますからね。

後継者が、
今の事業の将来の姿、
事業を通じて実現することに意欲を持ち、
情熱を持てるようにしましょう。

持っているのかどうか、
確かめましょう。

本日も最後までお読みくださり、
ありがとうございました。

ウィズスマイル
降旗_筆サイン

 

 

【 あわせて読みたい関連記事 】

Pocket