Pocket

blog_furuhata_phote_name From:
事業承継する後継者の
「育成と経営」のアドバイザー
降旗 利弥

後継者が事業・会社を、
どの様に継ぐと、
現在の経営者は、
考えているでしょうか?

ほとんどの場合、
今のままの形を継いで、
継続する、発展させる、
と考えていますよね。

「後継者には、
後継者の考え方がある。
それをやってくれれば良いと、
思っている。」

このようにおっしゃる、
現経営者の方も少なくありません。

しかし、、、

それは本当でしょうか?

なぜなら、、、

後継者の考えを、
あなたは知っているかというと、、、

後継者が、会社、事業を、
どうしようとしているのか、
わからないですよね。

知らないことの方が多い、
というのが現実です。

それに、後継者への評価は、
必ずしも高くはないと思います。

後継者は、
経営者からは頼りなく見える。
これが普通ですからね。

経営者のあなたは、
今日まで会社・事業を仕切ってきた、
見識と経験があります。
それだけの能力もお持ちですからね。

なおさら、事業・会社を、
後継者は今のままの形で継いで、
継続する、発展させる、
ようにするだろうと、
考えていると思いますよ。

しかし、経営者の考えを、
後継者がわからないことが、
少なくありません。

「俺には俺の考えがある」

「俺がやればもっとうまくできる」

なんてことを、
胸に秘めている後継者が、
少なくないからです。

あるいは、
会社・事業を継ぐことに必死で、
将来をどうしようということまで、
考えられない場合も、
少なくありませんからね。

後継者は、
現在の経営者の将来への考えを、
全部引継ぐことです。

これが、会社を継ぐ、
事業を継承するときの大前提、
だと考えますよ。

だから、、、

まず、経営者の考えを、
ハッキリとさせて、
後継者に伝えることです。

押し付けるのではないですよ。

経営者としての考えを、
伝えることです。

そして、なぜ、
そのような考えでいるのか、
その理由をハッキリと
伝えることです。

後継者は、
現経営者の考え、
その意味するところを、
なにはともあれ聴くことです。

いろいろ言わずに、
ハッキリとした中身を、
一度、飲み込むこと、
わかろうとすることですよ。

経営者の考えがわかった上で、
それを踏まえて、
これからどうしていくのかを、
後継者の考えで練り直しますよ。

練り直す時には、
後継者の意見を、
押し通すのではありませんよ。

経営者の考えを取り込んで、
練り直すのですよ。

その上で、
後継者としての考えを、
経営者に伝えましょう。

ここからは、
今まで経営してきた者、
これから経営を主にする者、
どちらも「経営者」として、
対応しましょう。

それぞれの考えを尊重しましょうね。

どのように会社・事業を、
これからおこなっていくのか。
双方の知恵を結集しましょうね。

本日も最後までお読みくださり、
ありがとうございました。

ウィズスマイル
降旗_筆サイン

 

 

【 あわせて読みたい関連記事 】

Pocket