Pocket

blog_furuhata_phote_name From:
事業承継する後継者の
「育成と経営」のアドバイザー
降旗 利弥

経営・会社を継ぐ、
事業承継する後継者を育てる。

経営者の課題のひとつですね。

育成するために、
外部のセミナーや講座の受講を、
おこなうことがあるでしょう。

そこでは、
自社の業務では、
学ぶことができない、
知見を得ることができますよね。

受講した後継者の方は、学びをみにつけるには?

  • いいことを聴けた。
  • たくさんの気づきがあった。
  • こんなことは初めてやった。

と満足することが、
少なくないでしょう。

後継者から、
受講の感想を聴いたあなたは、

「よかった。
これでまたひとつ成長したな」

と安心することも、
少なくないですよね。

しかし、、、

安心はできませんよ。

あなたにも経験があると思いますが、、、

しばらくすると、
セミナーや講座で学んだ、
いいと思ったことを、
忘れてしまうからです。

やろうと思ったことを、
忘れてしまうからです。

役に立つ内容、
後継者が経営に活かせる内容を、
知り得たのに、
使わずに終わってしまう。

学んだことを、
ひとつ一つやらずに、
枝葉のことばかりやって、
成果がでない。

そして、、、

あのセミナーを受講した、
という記憶が残るだけです。

もったいない!

折角、時間とお金をかけたのです。

学びを使いましょう。
学びを活かしましょう。
活かせるように身につけましょう。

それには、、、
学んだことを、
実行することです。

ドゥー(Do)!(村上ショージさんじゃありません 笑)
することです。

それには、
後継者がセミナーや講座で学んだことを、
どうやって実行するのか、
経営者のあなたが、
関わる必要があります。

学んだことを質問してください。

どうやって実行するのか?
自社にどうやって活かすのか?

それを受講した後継者に、
質問をしてください。

実行するための計画を、
後継者に作ってもらいましょう。

そして、実行できるように、
あなたが、支援を、
してくださいね。

受講した後、
放っておけば、
それで終わりです。

学びをあなたの会社に、
活かすことも、
後継者の成長につながることも、
ありませんよ。

実行すること。

これが、学びを活かすことですし、
学びを身につける、
最も良い方法ですから。

本日も最後まで読んでくださり、
ありがとうございました。

ウィズスマイル
降旗_筆サイン

 

 

【 あわせて読みたい関連記事 】

Pocket