Pocket

From:後継者育成は簡単じゃないぞ!
ウィズスマイル
ラッキー相談役

お久しぶりやね。
ラッキーさんやで。ワン!

って、あまりに久しぶりやから、
わからん人が、
少なくないかもな。

というわけで、
ちょっとだけ、自己紹介や。

わてはラッキーいうてな、
キャバリアなんとかっちゅて人が呼ぶ、
ワンワンさんや。

フルさんのな、
義理のお母さんのお犬さんや。

でな、フルさん、、、
あっそうか、
あんたらは降旗先生って言うんかな、
フルさんとは仲良しでな。

で、フルさんがやっている、
ウィズスマイルさんの相談役、
やらしてもらってます。

もう13歳やから、
人の歳で言うと80歳ちかい、
おじいちゃんです。

フルさんを手伝ってやろと思ってな、
ときたまこうやって、
肉球でパソコンを叩いているわけや。

でな、、、

わしももういい歳やろ。
後釜をな、どうするんや!
ってはなしや。

まぁ、お母さんもお歳やからな、
どうなるかは何とも言えんけどね。
まぁ、転ばぬ先の杖ってやっちゃ。

でもな、
ワシの後継者を!
って話は、容易やないで。

なんせな、
ほぼ間違いなく、
子犬がやってくるわけや。

しかも、躾がされていればいいけどな。
最近は、何の躾もされていない、
可愛いだけのパピーちゃんが多くてな。

玄関のチャイムが鳴ると、
飛び上がって吠えるとか、
排便で粗相をするとか、
散歩ではご主人様を引っ張り回すとか、
まぁ、ひどいもんや。

ドッグトレーナーとか、
おるらしいけどな、
テクニックを、
教え込もうとダケする輩が多くてな。

習ったはいいけどな、
基礎も基本もわかっちゃおらんから、
まぁ、それしかできんわけや。

習った場合だけ、
ってわけには、
いかんことはわかるやろ。

応用できんとな、
どこまでいっても、
躾のなっちゃいない、
ワンワンさんってことやね。

ご主人様にお仕えするにはな、
それ相応の考え方と、
気持っちゅうもんが必要なんや。

飼われるまま、
かわいがられるまま、
なんてやっていたら、
躾がされていない、
バカ犬になるのが落ちやで。

で、これはな、
先輩のワシとな、
新参者が一緒にいてもな、
一向にわからんのやな。

基礎・基本を身につけた上で、
その家々の、
ご主人様にどうお仕えするかをな、
バッチリ話して聴かせてな、
やらせてみんとな、
パピーちゃんには身につかんのやね。

でな、フルさんの仕事を見てるやろ。
人の世界も同じなんやな、
ってことが、よっくわかるんや。

ほんと。

テクニックばっかり、
学習しちゃった後継者さんがな、
それをやって、
ヤッパリ失敗するんやな。

先代さんからな、
どういう気持ちで仕事をするか、
どうしてこのお仕事をするのか、
聴かせてもらわなあかんねんな。

その心がわかった上でな、
実際にお仕事さんをやってみるわけや。

なんでその気持ちで、
お仕事さんをやらなあかんか、
わかるまで、おバカさんになって、
ひたすらやってみるわけやね。

修行と同じやね。

でもな、人の世界では、
先代さんは後継者さんに、
どういう気持ちで、
どうしてこのお仕事をやっているか、
話さんらしいな。

それじゃぁ、
アカンと思うけどな。

なんかな、人の世界では、
以心伝心とか、
わかっているはずとか、
一緒にいるとわかるはずとか、
思っているらしいねんな。

そんなこと、
あるはずないのにな。

その辺りは、
フルさんは、実際に、
赤の他人の社長との間で、
事業を継いで、大変な目にあった、
強烈な経験があるからな。

どうやったらいいか、
よっくわかっているわけや。

でな、
ワシもそのときがきたらな、
フルさんのやり方がわかっているからな、
バッチリ使わしてもらお、
思ってんねん。

知っていると、
知らずにいるのとでは、
えらい違いやで。

でな、
あんたな、ラッキーやで。
このブログ言うんかな、
これ読んどったら、
いろんなことがわかるからな。

って、、、

肉球でパソコンをパチパチやるってのはな、
これかなりの重労働やで。
さすがに、疲れたわ。

ここらで、今日は終わりにしとこかな。

また、フルさんのお手伝いで、
パチパチやること、あると思うからな。
そんときまで、バイバイさんや。

ほな。バイバイ。ワン!

【 あわせて読みたい関連記事 】

Pocket