Pocket

blog_furuhata_phote_name From:
事業承継する後継者の
「育成と経営」のアドバイザー
降旗 利弥

会社を継ぐことになりました。
今度、会社を継ごうと思います。

後継者の多くの方が、
おっしゃる言葉ですね。

ここで質問。

なぜ、あなたの後継者は、
会社を継ぐのですか?
事業運営を継ぐのですか?

大変な思いをするかもしれないのに、後継者との間で確執が生まれるかもしれませんが、、、
どうして継ぐのでしょうか?

この質問に、
あなたの後継者は、
スパッと答えられるでしょうか。

息子だから。

娘だから。

婿だから。

これは、
会社を継ぐ理由としては、
弱いですよ。

息子だろうが、
娘だろうが、
婿だろうが、
会社を継がないことが、
できます。

継がなければならない、
なんて法律も規則も、
なにもありませんからね。

まぁ、あるとしたら、
会社を継がないことで、
親である経営者のあなたと、
ぶつかることでしょうね。

それはそれで、
気分の良いことでは、
ありませんけれどね。

継がない選択もできる。

にもかかわらず、
あなたの後継者は、
会社を継ごうとしているのですよね。

それはなぜなのでしょうか?

この答えには、
事業や仕事そのものに対する、
後継者の考えが、
入ってきますよ。

事業・仕事への考えがあるから、
事業、経営に、
真摯に取り組むことが、
できるようになります。

経営や事業運営について、
学ぶことができます。

アイデアを出し、
工夫をすることができます。

実践して、
結果を手に入れようとします。

もし、単に、
息子だから、娘だから、婿だから、
後継者になるのだとしたら、、、

経営者になったこと、
継がなければよかったと、
遠くない将来に、
後悔するでしょう。

経営、事業にとって、
重要な決断を、
することができないでしょう。

会社、事業について、
期待できる将来を、
社員に示すことは、
できないでしょう。

そんな状況で、
仕事をしていても、
ストレスが溜まるばかり。

毎日が、辛いだけでしょう。

社員の言動や、
仕事の成果に、
イライラする事ばかりでしょう。

あなたの後継者に、
尋ねてください。

なぜ後継者として、
会社を継ぐのか。
経営者になるのか。

そこを突き詰めて、
後継者に考えてもらって、
くださいね。

その内容を、
冷静に聴き、
あなたが納得できるように、
詳しくしてくださいね。

とはいえ、
親子でこれをやると、
衝突するかもしれません。

確執が生まれるかもしれません。

冷静に、議論を深め、
仕切ることができる第三者に、
調整を依頼することも、
打ち手の一つです。

第三者が入ると、
冷静に議論が、
できるものですからね。

本日も最後まで読んでくださり、
ありがとうございました。

ウィズスマイル
降旗_筆サイン

 

 

【 あわせて読みたい関連記事 】

Pocket