Pocket

blog_furuhata_phote_name From:
事業承継する後継者の
「育成と経営」のアドバイザー
降旗 利弥

TVをつけると、
お正月の全国高校サッカー選手権大会の、
県代表をかけたトーナメントの、
準決勝の試合が始まるところでした。

土曜日の試合の録画中継ですね。

綺麗な芝生のグランドで、
小雨まじりの天気の中ですが、
選手が活き活きと試合に臨んでいます。

「そうかぁ、、 high_school_soccer
神奈川県は、
この時期に代表校がきまるんかぁ」
なんて思っていたんです。

ふと、自分の時のことを思い出したんですね。
もう三十数年前ですけどね。(苦笑

そういえば、
10月10日の体育の日に、
長野県の代表を決める決勝戦があり、
優勝したのでした。

なんて思い出しながら、
試合を見ていたんですね。

で、おかしいな?って気づいたんです。

選手を映しながら、
名前がテロップで表示されますよね。

名前の後に、
その選手の出身チームが表示されます。

出身中学じゃぁないんですよ。

「◯◯中」と表示される選手がいますよ。

一方、Jリーグのユースチームの名前が、
表示される選手もいるわけです。

ということは、、、

Jリーグのユースチームに、
小さい頃から入って、
ずっと練習してきたのに、
高校年代で別のチームに入った、
ってことなんですね。

理由は簡単。

この年代。
全国高校サッカー選手権大会のステータスが、
とても高いようなのですね。

多くの中学年代のサッカープレイヤーが、
全国高校サッカー選手権大会に出て、
優勝を目指して、
強豪の高校チームにはいるのですね。

でも、、、
日本のサッカーを強くしようと思った時、
どうなのでしょうか?

全国高校サッカー選手権大会で活躍して、
その後Jリーグに入ったとしても、
Jトップチームにデビューするのは、
そこから数年。

高校生年代でも、
そのままJリーグの下部組織で、
練習を続けていたら。

Jトップチームに、
18歳より若い年齢で、
デビューする選手が、
もっと生まれるかもしれませんよ。

ちなみに、
メッシ、ロナウドは、
確かトップチームデビューは17歳です。

後継者の育成でも、
同じことが当てはまると思いますよ。

いろんな人から、
いろいろ教わると、
結局身につくことも、
身につかなくなります。

高校サッカーの場合は、
2年半近い時間、
監督・コーチから教わるので、
それは身につくでしょう。

しかし、経営や事業運営に関して、
後継者が通常、セミナーなどから学ぶ期間は、
わずか数時間から1日。
長くても数日。

その間に身につける、
というのは、
そんなに容易なことではないですよね。

だからこそ、
長期間にわたって、
同一の人から教わることが、
後継者にも必要なのですね。

間隔をおいて、
同じ人から何度も教わる、
という機会が、
身につける観点では、
必要と思いますよ。

で、、、

日本サッカーの強化を考えると、
全国高校サッカー選手権大会を、
Jリーグのユースチームも参加できる、
オープン大会にすればいいと思うんですけどね。

そうなれば、
高校生年代の選手から、
Jチームのユースチームの存在価値が、
高まると思うんですけどね。

一貫したサッカー教育と練習で、
若くしてリーグデビューできる、
選手がもっと生まれると思いますよ。

ウィズスマイル
降旗_筆サイン

 

 

【 あわせて読みたい関連記事 】

Pocket