Pocket

blog_furuhata_phote_name From:
事業承継する後継者の
「育成と経営」のアドバイザー
降旗 利弥

会社を継ぐ後継者、
事業承継する後継者は、
現在の経営者のあなたから、
なにを引継ぐのでしょうか?

あなたはなにを後継者に引き渡し、
後継者はなにを引き取るのでしょうか?

  • 会社の株。
  • 社長の座。代表権。
  • 会社という法人。
  • 法人の経営。
  • ゆくゆくは資産と負債。

こんなことが挙がるでしょうね。

その通りだと思います。
これは、会社という観点ですよね。

もう一つの観点がありませんか?後継者はなにを継ぐのか?後継者が先代から継ぐこととは?

そうですね。
事業を継続する、
という点がありますよね。

会社と事業。

どちらをより重要と考えるのか?
によって、
後継者の行動、成果に、
大きな差が生まれます。

「会社」に比重を置くと、
組織を変え、
人を代え、
ルールを代えます。

あなたの経営の時に、
業績が芳しくないと、
なおさら、
社内の仕組みやルール、
仕事のやり方、人を変え、
成果をあげようとしますよね。

さらに、新しい事業を、
展開しようと考えます。

今の事業では、
業績が良くなることは大変だと、
考えるからでしょうね。

新事業を始めると、
後継者のアピール、
独自性を出すことにも、
つながりますからね。

しかし、、、

しばらくすると、
行き詰まりますよ。

なぜなら、、、

お客様や市場への中身は、
なにも変わっていないからです。

お客様へ提供する価値が、
以前と同じままだからです。
お客様、市場への
影響度合いが少ないからです。

変化を生み出しても、
直ぐに周りにマネされて、
しまうからです。

会社は、
お客様に価値を提供し、
お客様にその価値を認めていただき、
購入していただく時の「器」に、
すぎません。

器を変えることは大切です。

ただし、その前に、
どんなことに用いる器なのか?
そちらを考えるほうが、
好ましいと思いますよ。

それが、

「お客様が受け取る事業の価値」

を考えることです。

後継者が引継ぐことは、
会社とか経営の前に、
「事業が提供する価値」
の部分だと考えていますよ。

どのような価値を提供してきたのか?

後継者が先代の経営者のあなたから、
引継ぎ、保つことは、
この「事業の価値」の内容ですよ。

「事業の価値」を引き継ぎ、
実現するために、
会社という器を、
どのように整え、変え、
発展させるのか?

これが後継者の役割であり、
能力を発揮する点だと、
考えていますよ。

この「事業の価値」を、
一緒に考えませんか?

最初の一歩を踏み出せるように、
12月にセミナー、

事業承継をする経営者と後継者向けセミナー
「会社が継続し、事業が伸びる!後継者の育成と事業承継の方法」

を開催します。

詳細内容は、リンク先のページをお読みくださいね。

ここでの事例は、
事業の価値を考えることで、
業界ではありえない成果を、
出してきたものばかりです。

お申込み期限は11月20日(木)までです。

同様のセミナーの開催は、
今回を逃すと、
しばらく(多分1年近く)は、
開催しない予定です。

本日も最後まで読んでくださり、
ありがとうございました。

ウィズスマイル
降旗_筆サイン

 

 

【 あわせて読みたい関連記事 】

Pocket