Pocket

blog_furuhata_phote_name From:
事業承継する後継者の
「育成と経営」のアドバイザー
降旗 利弥

会社を継ぐ、
事業承継する後継者の候補が、
悩むことのひとつは、
自分に経営能力がないのではないか?
ということですね。

経営者としての能力がない。
だから、会社を継がない。
という決断をする、
社長の息子も少なくありません。

経営者としての能力がない。後継者は能力の有無ではなくて
経営者としての資質がない。

このように、
自分自身を評価し、
判断しているわけですが、、、

ちょっと待ってくださいね!

能力がないならば、
学び、身につければ、
済む事ですよね。

資質がないなら、
できる人を右腕にする、
という方法もありますよね。

というより、、、

そもそも、
どんな能力が必要なのでしょうか?
どんな資質ならば、
経営者になれるのでしょうか?

その能力、資質がない人は、
経営者になれないのでしょうか?

この質問に、
スパッと答えられる人は、
いないと思いますよ。

なんとなく、
そんな風なことをいって、
継がない理由にしているだけ、
だと思うんですね。

会社・事業を継げるように、
学べば良いのですよね。

経営者になってからも、
学ばないで済む、
なんてことには、
ならないと思いますよ。

常に学び、実践し、、、

この繰り返しですから。

だとしたら、、、

能力がない!
なんて、
継がない理由には、
ならないですよね。

確かに、
経営者を継がずに、
どこかの会社に「宮仕え」していれば、
学ぶことも必要ないかもしれませんね。

日々、言われた事、
やってきた事を、
淡々とこなし、
定年を迎える。

これだって、
悪い人生ではない、
と思いますよ。

捨てたもんじゃない、
とも思いますよ。

日々、淡々と、与えられた仕事をこなし、
土日を心待ちにする生活を、
これから先も送る事。

おかしいと思っても、
こっちがいいと思っても、
上司がウンと言わなければ、
何もできない毎日。

後継者のあなた自身に、
この日々をどの様に思うのか、
尋ねてみてくださいね。

こんな毎日を「サイコーッ!」と、
思うのでしょうか?

それとも、
「文句あり!」
「脱出したい!」と、
思うのでしょうか?

どちらが正しい、
というわけではありませんよ。

正しい、正しくないではなく、
後継者のあなたは、
どちらを選ぶのか?
というだけの事です。

もし、あなたが、
どこかの会社で、
「宮仕え」をすることに、
「文句あり!脱出したい!」
と思うならば、、、

能力があるとかないとか、
資質がどうとかではなく、
後継者として、
経営者を継ぐ事を考えましょう。

悩む事は、
後継者として、
経営者を継ぐ、継がない、
ではないですよ。

どうやって、
経営者としてやっていく、
能力を身につけ、
自信をもつのか?
ってことです。

えっ!?

何を学べば良いのか、
それがわからないんだ!
ですか?

その点を、
私があなたにお伝えできると言ったら、
関心がおありですか?

もし関心があれば、
続きを読んでくださいね。

1対1でお伝えしたいのは山々ですが、
私の時間にも限りがあります。

それに、私の時間を、
1対1で拘束すると、
後継者のあなたが負担する費用も、
バカにはなりません。

なので、、、

セミナーでお伝えしようと思っています。

とはいえ、このセミナー。
開催人員は、各回8名です。

1対1とはいきませんが、
数十人のセミナーとは違って、
詳しくお話ができると思いますよ。

今回のセミナーは、
12月に同じ内容で3回開催します。

後継者が、
業界でありえない成果をバンバン出す。
自信を持った経営者に変わる。

そのために後継者は何を学び、
どのように事業を継ぐのか?
それがわかるセミナー

事業承継をする経営者と後継者向けセミナー
   会社が継続し、事業が伸びる!後継者の育成と事業承継の方法

詳細内容は、リンク先のページをお読みくださいね。

お申込みは11月20日(木)まで

参加は、速い者順です。

あなたが損をしない、
だけど私はとても負担の重い、
破格の返金保証特典ありです。

本日も最後まで読んでくださり、
ありがとうございました。

ウィズスマイル
降旗_筆サイン

 

 

【 あわせて読みたい関連記事 】

Pocket