Pocket

blog_furuhata_phote_name From:
事業承継する後継者の
「育成と経営」のアドバイザー
降旗 利弥

事業承継をする。
会社、事業を継ぐ。

その後継者を育成する。

現在の経営者が抱える、
大きな課題の一つですね。

経営、事業運営について、
いろいろ学び、
身に付ける必要がある、
と感じている、
後継者の方も少なくありませんね。

で、、、

後継者をどうやって育成するのか?まずは決めてくださいね!
後継者はどうやって学ぶのか?
ですね。

セミナーに参加する。
ビジネス書を読む。
現在の経営者から学ぶ。

方法は、いろいろだと思いまが、
現実には、
なかなか実行できないものですね。

なぜなら、、、

日頃の仕事に追われ、
日頃の仕事を優先するから、
時間がない!
日程の調整ができない!
ということになるからですね。

やりたいと思っても、
後回し!
になってしまい、
時間だけが過ぎ去っていきます。

一年経って、
「全然、できなかった!」
「ちっとも進んでいない!」
と唖然とするわけですね。

これを回避しないと、
時間はたっても、
後継者の方が、
育つ、伸びる、成長する、
ということにつながりませんね。

一つだけ、伸びる点がありました。

それは、、、

自社の仕事のやり方、
業界の常識、慣例
これを知り、体験し、
このことには精通していくでしょうね。

今の事業のまま。
会社の経営も今のまま。

今の流れで、
そのまま行けばいいや!
というならば、
これで充分でしょうね。

今までのやり方を、
そつなくこなせばよいのですから。

でもですよ、、、

今の状況から、
* 会社を変えたい!
* 事業を成長させたい!
* 仕事のやり方を変えたい!
と思うなら、
後継者の方に役立つものを学び、
実践できるようになることが、
必要だと思いませんか?

だとしたら、、、

日々、時間を捻出して、
少しずつ学ぶことを、
続けましょうね。

毎日、少しの時間、
15分でも30分でも、
でいいんですよ。

必ず、その時間は、
経営、事業運営について、
学ぶようにしましょう。

1日に割く時間は僅かでも、
積み上がると、
大変な時間を割いたことになります。

なにもせずに、
時間だけが過ぎた場合と比べれば、
段違いに伸びていることは、
簡単に想像できますよね。

経営、事業運営について学ぶことを、

習慣にする

ことですよ。

ビジネスに関して学ぶことで、
日々、なにをするのか。
いつ、どのくらいの時間を割くのか。

人は決めておかないと、
やらずに済ませてしまいます。

仕事が忙しかった。
あの件が突然入ったから、
予想外に時間がかかった。

こんな言い訳をして、
自分を納得させてしまいますからね。

決めているから、
実際にやろうとしますよ。

僅かな時間でも、
決めて、毎日やるから、
成果につながりますよ。

ビジネスについて、
なにをやって学ぶのか?

一日のいつ、どのくらいの時間を割くのか?

まず決めましょうね。

本日も最後まで読んでくださり、
ありがとうございました。

ウィズスマイル
降旗_筆サイン

 

 

【 あわせて読みたい関連記事 】

Pocket