Pocket

blog_furuhata_phote_name From:
事業承継する後継者の
「育成と経営」のアドバイザー
降旗 利弥

後継者を経営者として育てる。

育て方をどうするのか?

現経営者にとっては、
頭の痛いことでしょうね。

経営、事業運営について、
教える、教わる、
という機会は、
今まであまり、
ありませんでしたから。

あったとしても、
個別のスキル、

例えば、
コミュニケーションとか、
リーダーシップ、
という内容が、
多かったでしょうね。

でね、、、

外部の研修やセミナーを活用して、後継者の育て方は
成果は上がったでしょうか?

学びを実行につなげて、
実業で成果を手にしたでしょうか?

わたしの経験で、
申し訳ありませんが、、、

成果につながった!
という経験は、
以前は少なかったです。

○○のセミナーを受講した!
□□の講座に出席した!

その事実が残っただけで、
そこでの学びを、
実行するまでには、
なかなかできませんでした。

いくつか理由、原因があるのですが、、、

今日はそのひとつを取り上げますね。

最近のセミナーや講座では、
ワークと称して、
実際にその場でやってみる、
ということが少なくありません。

さらに、
ホットシートコンサル、と言って、
希望者を前に出して、
個別にその場でコンサルする、
なんてこともやります。

これ、結構満足度が高い、
と言われています。

で、、、

ワークやホットシートコンサルをやって、
その後、実業で実行したのか?
というと、、、

ワークでやった方法を、
やっていないことが、
少なくありません。

あるいは、
ホットシートコンサルでやった内容と、
全く異なる方向になっていたり、、、

セミナーや講座でやっていることは、
受講者にとっては、
その瞬間は、
「架空」
なんですね。

そりゃそうです。

いきなり、
教わったことを、
その場でやるんですから。

日頃から、
教わった同じ観点で、
自分のビジネスを考えていないと、
ワークでドンドン中身をだす、
なんてことにはなりませんからね。

ワークはワークで、
実業からは離れている、
という感じですね。

で、、、

教える側にも、
『工夫が必要だよね』、
ということはありますよ。

それはありますが、
同時に、教わる側にも、
やり切るという意識が、
必要だと思うんですよ。

屁理屈をこねずに、
『愚直に実践!』
です。

やるとなったことを、
一つひとつ、
実業に合わせてやる。
やりきることです。

実務、実業が、
大変なのはわかります。

わかりますが、
せっかく、
セミナーや講座にでたんです。

お金を払って。

ならば、
そこから搾り取りましょう。

実業に反映して、
経営、事業で、
成果を手にしましょう。

セミナーや講座で教わること、
すべてをやらなくも、
いいんですよ。

ひとつでもいいので、
まず、やりましょう。

やり切るところまで、
やりましょう。

それができたら、
次のひとつをやりましょう。

学ぶ、身に付けるとは、
この繰り返し。

愚直に実行し、
やり続けましょうね。

本日も最後まで読んでくださり、
ありがとうございました。

ウィズスマイル
降旗_筆サイン

 

 

【 あわせて読みたい関連記事 】

Pocket