Pocket

blog_furuhata_phote_name From:
事業承継する後継者の
「育成と経営」のアドバイザー
降旗 利弥

事業承継をする。

その際には、

  • 経営の承継
  • 資産、負債の継承
  • 後継者の育成

の3つが大きな課題です。

資産、負債の継承は、
現経営者が手を打つ事が少なくありませんね。

それ以外は、主人公は後継者。

だから、
後継者は一所懸命に、
自社の仕事を覚え、
自ら学んで、
継ぐ事に取組むものだ。

現社長のあなたは、
このように考えていないでしょうか?

実際には、
後継者は悩んでいます。

  • このまま継いで、自分がやっていけるのだろうか?
  • 今の事業は、将来どうなって行くのだろうか?
  • 社員はついてきてくれるだろうか?
  • いろいろ学ばなきゃならない事はわかる。でも何を学べば、、、
  • 学ばなきゃならないけれど、自社の仕事に追われる日々で、、、

これを全部、
後継者自身に解決させますか?

「いや、いや、
だから、いろいろアドバイスをしている」

「会社で仕事をしているのだから、
気づく事はたくさんある」

「継ぐという事は、
自分で学び、吸収して、やっていく事だろう」

確かに、おっしゃる通りでしょう。

しかし、、、

その結果、事業承継、
とくに経営の継承をした後、
後継者が悩み、苦しむとしたら。

事業が停滞するとか、
後退する様な事になったら、、、

その状況は、
あなたが望んでいるものではないですよね。

これを回避するには、
どうしたらよいでしょうか。

事象承継、特に経営の承継には、
現経営者と後継者、
それぞれに重要な役割があります。

現経営者は、
今の事業を将来に続く形に、
整える役割がありますよ。

会社、事業の将来について、
後継者が継ぎやすく、
整理する役割があります。

会社、事業の将来を、
後継者と調整する役割があります。

後継者が育成できるように、
時間や資源を用意する役割があります。

一方、後継者。

自社の経営、事業の状況、仕組みを、
学ぶことがあります。

会社を率い、事業を運営するための、
自身の知識、スキル、実行する力を、
高めることがあります。

会社、事象の将来をどうするのか、
自分の考えを持ち、整理する事。
しかも、夢物語だけでなく、
実現できる姿を描きます。

現経営者と、
後継者自身の考えを、
すり合わせる役割があります。

今の事業、経営を、
引継ぎ、発展させる役割があります。

経営者、後継者それぞれに、
それぞれの役割があり、
お互いにそれをすり合わせる役割がありますよ。

それぞれの役割をおこなうと、
上手に経営の継承を、
進める事ができますよ。

それぞれの役割を、
明確にして、
ハッキリと実行しましょう。

  • なんとなくわかってくれる。
  • 一緒にやっているから気づいてくれる。
  • そんなことはわかっているだろう。

そんな風に考える事は避けましょうね。

実際のところ、
後継者は、
わからないかもしれないし、
気づいているとは限らないです。

わかっていても、
それがあなたの考えと、
一致している保証は、
どこにもありませんよ。

必要な事を明らかにし、
互いに認識し、
意見を交わして、
漏れ、不足を回避しますよ。

日程を決めて、計画を立てたから、
事業承継はできるわけではありません。
中身が重要ですよ。

中身は、ハッキリさせて、
意見を交わすから、
相手もわかり、
実行に移す事ができますよ。

経営者、後継者は、
会社、経営、事業運営について、
意見を聴き、意見を交わしましょう。

本日も最後まで読んでくださり、
ありがとうございました。

 

ウィズスマイル
降旗_筆サイン

 

 

【 あわせて読みたい関連記事 】

Pocket