Pocket

blog_furuhata_phote_name From:
事業承継する後継者の
「育成と経営」のアドバイザー
降旗 利弥

後継者にとって、
会社を経営するために大切なことは「覚悟。」

後継者がまずやらなければいけないことは、
会社を継ぐ『決意』と『覚悟。』

これは後継者の育成に関して、
良く言われる事ですね。

だから、後継者の育成カリキュラムには、
後継者の覚悟を決める、
という時間が設けられています。後継者に『覚悟』は不要!

「後継者の覚悟が必要だ!」
と唱える方々は、
「覚悟」の意味が分かっているのでしょうかね?

「覚悟」をググると、

  1. 危険なこと、不利なこと、困難なことを予想して、それを受けとめる心構えをすること。「苦労は―のうえだ」「断られるのは―している」
  2.  仏語。迷いを脱し、真理を悟ること。
  3. きたるべきつらい事態を避けられないものとして、あきらめること。観念すること。「もうこれまでだ、と―する」
  4. 覚えること。記憶すること。
  5. 知ること。存知。

(デジタル大辞泉より)ということがわかります。

通常使われる意味合いは、
事例がある事からもわかるように、
1と3ですね。

「危険なこと、不利なこと、困難なことを予想して、
それを受けとめる心構えをする」

あるいは、

「きたるべきつらい事態を、
避けられないものとして、
あきらめること。観念すること。」

このことからわかることは、
経営は、危険で困難で不利なこと、
辛い、避けられない事態で、
あきらめるしかないこと、
ということになります。

えぇーっ!

経営ってそんなに辛い事なのでしょうか?
辛いから、あきらめるしかないようなこと、
なのでしょうか?

それだったら、
事業承継なんて、
だれがしたいと思うのでしょうか?

事業承継を避けたい、
会社を都合とは思わない、
そんな後継者がいるのは、
当然ではないでしょうか?

経営って、
そんなにひどい事なのでしょうか?

もしそうなら、
後継者として継いでも、
毎日が辛いだけですよね。

後継者が、
毎日、暗い顔をして、
辛い、嫌だ、怖い、
もう諦めるしかないと思う姿。

これを経営者のあなたは、
求めているのでしょうか?
望んでいるのでしょうか?

違うのではないでしょうか?

後継者が、
意欲をもって経営に取り組む。
やっていて経営は面白いと感じている。

将来に期待をもって事業をしている。

この様な状況が、
好ましい、望ましいと、
思いませんか?

経営をする事。
事業に取組む事。

それは、
危険なこと、不利なこと、
困難なことでもなければ、
つらいと諦めなければならない事、
ではありませんよね。

そもそも、
経営者のあなたは、
経営をしながら、
そのように感じていたでしょうか?

違いますよね。

なのに、後継者には、
あなたと真逆のことを感じながら、
経営に取組ませようとするのですね。

これは、
コンサルタントや、
士業の先生のワナですよ。

悲壮感をもたせる事で、
危機感を煽ることで、
ありきたりの方法を学ぶことで、
安心させているだけです。

経営は、
基本を押さえ実践すると、
将来に期待がもて、
面白く、意欲的に取組めるものですよ。

経営の基本を知り、
将来に期待がもてる、
事業構造のつくり方を知っていれば、
危機感を煽る必要はありませんね。

もっと、期待をもって、
経営に取組めるように、
後継者を導く事ができますよ。

経営の本質を知っていて、
後継者が期待がもてる様に育てるのか?

知らずに、危機感を煽るのか?

どちらが、
後継者にとって、
プラスに働くでしょうか?

じっくりと考えてみてくださいね。

本日も最後まで読んでくださり、
ありがとうございました。

追伸:

これから事業承継をする経営者、後継者向けセミナー
「未経験でも1年半で顧客満足度No.1で売上アップ。
  結果を出す後継者育成と事業承継の方法」

という2時間セミナーを、
2015年2月4日(水)に開催します。

募集締め切りはもうじきです。
直ぐ、次のURLをクリックして、詳細を確認・検討してくださいね。

http://www.ws-2000.com/lp/fes201502

ウィズスマイル
降旗_筆サイン

 

 

【 あわせて読みたい関連記事 】

Pocket