Pocket

blog_furuhata_phote_name From:
事業承継する後継者の
「育成と経営」のアドバイザー
降旗 利弥

事業承継、会社を継ぐ事で、
事業と会社を継続するためには、
後継者、次世代を育てる必要がある。

そうですよね。

どんなに継ぐ事業、会社があっても、
継ぐ相手がいなければ、
継続する事にはなりませんね。

後継者育成のカリキュラムが、
いろいろなところから提供されています。

ウェブサイトで、
チェックする事ができますよね。

そのカリキュラムを観ていて、
ズーッと思っていた事があります。

「なにか変だ。
 教える側の都合の押しつけじゃないか!」

例えば、、、後継者育成で最初にやるべき重要なこと

ある後継者育成講座では、
サイトのトップコピーで、
『後継者が目標・目的を持っていなければ、
どんな知識も役に立たない』
と唱っています。

そのカリキュラムでは、
最初の頃に、自己反省をして、
自己分析の上で、
後継者自身の目標を設定し、決意表明します。

その後は、
財務会計に事業計画、
資金繰にリーダーシップ論と続きます。

自己分析の結果として、
目標を作る、、、

えっ?

後継者個人の目標を決めるのですか?

事業、会社の将来をどうするか?
それが経営者にとっては重要だ、
と思うんですよね。

そんな風には触れられていません。
当然、どうやって導きだすのか、
そこに方法論があるのかどうか???

「なんか違うよなぁー」と思うわけです。

同じ様に、
多くのカリキュラムで、
自社の分析、後継者自身の分析を、
やはり最初におこないます。

これもおかしな話ですよね。

旅行をするときの事を考えてみてくださいね。

どこかに旅行をしようと思ったとき、
あなたは、自分のいる場所の事を、
詳細に調べ上げて、分析しますか?

その分析結果をみてから、
旅行の行く先を決めますか?

そんなアホは事は、
やらないですよね。

どこに行きたいのか?
何をしたいのか?
だからどこに行くのか?

目的地や旅行の目的から考え、決めませんか?

「自分のいる場所の事は、
良くわかっているから、
旅行の場合は、
目的地からでいいんです」
と説明する人もいるでしょうね。

実際には、
自分の居場所のことなんか、
ちっともわかっちゃいませんよね。

いろいろ調べたら、
近くの駅から直通バスが出ている事がわかった、
なんてことも少なくありません。

それだって、目的地が決まって、
どうやって行くかを調べ始めて、
初めて知る事です。

旅行も経営も同じです。

経営、事業運営について、
将来、どんな形、どんな姿にするのか。

それが出発点です。

あぁ、それなのに、それなのに。

多くの後継者育成プロフラムでは、
今の後継者自身、
会社自身の調査と分析から始めます。

その分析結果から、
将来への計画を作り始めます。

正直に言いますね。

だから、成果が出ません!
いつまでやっても、
何も変わりません。

学んだ直後は、
できそうな気持ちになるでしょうが、
しばらくすると、何も変えられない、
希望のない将来に愕然とします。

これは、コンサルティング経験のある私自身が、
自分で事業承継をした時に、
とんでもなく痛い目を見たので、
わかったことです。

コンサルティングやビジネス書で示される、
ほとんどの方法は、
机上の理屈、後付け理論です。(笑

経営、事業展開のやり方は、
人間がやっているだけに、
人の日頃の行動と深く関連しています。

目標・目的をいつ決めるのか?
どうやって決めるのか?

自己分析や会社の現状調査から、
そんなことは導きだされません。

順番が逆なんですね。

物事は、適切な順序だから成果につながります。
逆にやっても、成果物はできますが、
成果にはつながりませんね。

先に、実現したい、
実現する必要がある、
将来を描きましょう

その将来を実現するために、
今の後継者自身、
会社の状況を見たとき、
何が足りていて、
何が足りないのか?

足りている事はもっと強くし、
足りない部分は補う。

この考え方ですよ。

足りている事を強め、
足りていない事を補う。

その点を明らかにし、
実行するために、
後継者を育成する、
カリキュラムを受講するのですね。

この観点で、
後継者育成のカリキュラム内容を見ると、、、
受講する価値の有無が、
ハッキリわかると思いますよ。

本日も最後まで読んでくださり、
ありがとうございました。

追伸:
これから事業承継をする経営者、後継者向けセミナー
「未経験でも1年半で顧客満足度No.1で売上アップ。
  結果を出す後継者育成と事業承継の方法」

という2時間セミナーを、
2015年2月4日(水)に開催します。

この中で、後継者育成の方法、
カリキュラムについても触れますよ。

本日一杯で、募集締め切りです。
次回の開催予定は、来年初秋です。

直ぐ、次のURLをクリックして、詳細を確認・検討してくださいね。
http://www.ws-2000.com/lp/fes201502

ウィズスマイル
降旗_筆サイン

 

 

【 あわせて読みたい関連記事 】

Pocket