Pocket

blog_furuhata_phote_name From:
事業承継における
「経営承継と後継者育成」実現士
降旗 利弥

事業承継の後継者を選ぶ際、
どのような観点、
視点を用いるのか?について、
ここ何回かお伝えしています。

「経営能力の高さ」、
「経営者としての素質の有無」で、
選ぶのは「ズレている」ことを
お伝えしましたね。

参照:事業承継の後継者は何で決めますか?

「社長が掲げる理念、価値観の共有度合い」
という観点を挙げるコンサル氏は、
少なくありません。

しかし、、、

共有できているという、
思い込みになっているだけでした。

参照:事業承継の後継者を選ぶポイントになるのか?

 

さらなる観点として、
「経営者と後継者の相性」を挙げる、
コンサルタント氏も少なくありません。

「相性」

これって何でしょうか?

さらに一歩進んで、
「相性が良い」ということから、
あなたはどんなことをイメージするでしょうか?

「相性」とは、
『互いの性格・調子などの合い方』と、
大辞泉では説明されています。

相性が良いとは、
「いろいろな面で、性格、調子などで、
衝突がおこらない、
気まずい雰囲気にならない関係」
ということになりますね。

相性が悪いよりは、
相性が良い方がいい、
と多くの人が考えるでしょうね。

その結果、何が起こるでしょうか?

通常の経営では、
社長の周りには、
「イエスマン」ばかり。

だれも社長に意見できない。

社長の行動を止められない。

取締役会は名ばかり。

という事が起きています。

事業承継での後継者への引継ぎでは、
逆に、親の社長と息子の後継者の間で、
相性が良くなく、
口もろくに効かなかった、
なんてことも現実にはおこります。

あるいは、
社長の言う事をききそうな人を、
後継者に据えたので、
いつまでも元社長だよりだった、とか。

相性が良い場合、
話し合い、議論をすると、
社長のあなたにとっては、
居心地が良いでしょう。
気分がいいでしょう。

しかし、本当に必要なことが、
議論できているのかどうか?
となると、どうでしょうか?

「イエスマン」で、
議論ができるでしょうか?

正直にいうと、
相性なんて、
二の次、三の次でいいと思います。

会社、事業の将来について、
建設的な議論ができるのならば、
相性が良くなくても構わない、
と思います。

将来の姿が、
かなり一致したうえで、
相性の善し悪しが、
初めて観点になると考えています。

目指す将来の姿は、
かなりの部分で一致している。

そうなると、実際のところ、
相性が悪いことは、
それほどはないはずです。

たまたま、
今までこの点を議論する事が少なかった、
なんて原因のことが、
少なくありません。

そうはいっても、
後継者の話し方が嫌いで許せない、
のように避けられない、
埋められない事ならば、
そのとき初めて「相性」の善し悪しで選びます。

優先するのは、
双方が描く事業、会社の将来の姿を、
合わせる事ができるかどうか。

合わさった時に、
「相性」が良いかどうかです。

将来の姿が合わさっていないのに、
「相性」を優先すると、
ここが逆転してしまいます。

社長の意見に異を唱えない、
社長が気分良い関係が優先してしまい、
会社、事業の将来像は、
社長の意見をそのまま聞く、
ということになりかねません。

その結果、
後継者は身動きが取れなくなります。
上手くいかなくなります。

最初に、会社、事業の将来像を合わせる事。

次に「相性」です。

とはいえ、相性が良くなくて、
議論する度に喧嘩になる、
なんてことになると、
それはそれで、
議論自体がイヤになってしまいますね。

相性が良いとか悪いとかを、
社長のあなた(あるいは、相手)が感じるのは、
社長の意見に賛成してくれない、
あるいは、あなたが攻撃されるから、
ではないでしょうか?

あなたの弱いところを、
相手が突くからではないでしょうか?

同じ様な事を、
相手も感じていると思いますよ。

相性の善し悪しを避けるには、
議論する観点を明らかにして、
具体的な中身を議論しましょう。

相手の検討が甘くても、
それを糾弾するは止めましょう。

足りない部分を明らかにして、
どうやって検討するのかを、
明らかにしましょう。

将来の姿を明らかにする事に、
集中しましょう。

その過程で、
将来の姿を実現するために、
後継者として考え、行動できる人なのか、
という観点で考えます。

そこがブレなければ、
相性の善し悪しは、
ある程度は良くする事ができますから。

将来の姿が合わないと、
相性が良くても、
結局どこかで破局します。

私の場合がそうだったように。

将来の姿が、もっと鮮明になっていて、
双方の考えかが一致しているとわかっていれば、
もっと早くに成果にたどり着いたと思いますよ。

本日も最後まで読んでくださり、
ありがとうございました。

ウィズスマイル
降旗_筆サイン

 

 

【 あわせて読みたい関連記事 】

Pocket