Pocket

blog_furuhata_phote_name From:
事業承継における
「経営承継と後継者育成」実現士
降旗 利弥

事業承継を後継者におこなった後、
後継者にはどんな経営をして欲しいでしょうか?

あなたが譲った会社、事業は、
どのようになって欲しいでしょうか?

  • 後継者が意欲をもって仕事をしている。
  • 会社がドンドン大きくなっていく。
  • 事業の業績がドンドン良くなっていく。

もちろん、
お客様からの評価は高く、
多くのお客様が喜んでくださる。

もし、こんな状況を目の当たりにしたら、
元経営者だったあなたは、
どんな気持ちになるでしょうか?

「すごい!
さすが、俺の息子だ」とか、

「さすが俺が選んだ後継者だ」
と思うでしょうか。

しかも、手放しに、
心から喜ぶ事ができるでしょうか?

心から喜べる方。
少なくないと思います。

と同時に、
「なんで後継者になったら、
事業の業績が良くなるんだ!」
と少しねたましく思う事が、
ないとは言えないかもしれませんよね。

私が後継者に事業を継いだ元社長だったら、
「なぜだ!俺はあんなに苦労したのに」
なんて思うかもしれません。(苦笑

心が狭い?
ちっちゃい人間だ?

まぁ、ご批判はお受けするとして、、、(笑

だってそうじゃぁありませんか?

自分が経営していたときは、
なんとか会社を継続しようと、
ある時はもがき苦しみ、
悩んでいたのですから。

楽しさよりも、
悩みと苦しみばかりだった、
なんて事も少なくないと思います。

もしかしたら社員達は、

「親父さんのときは大変だった。
後継者の息子の代になったら、
こんなに変わるんだな!
さすが息子さんは違う!」

なんて思っているんじゃないか?
なんて思う事もあるかもしれませんね。

でもですよ、
ちょっと考えてみてくださいね。

かつての野村克也氏が監督時代だった頃の、
阪神タイガースのようだと思いませんか?

成績の振るわなかった阪神は、
ヤクルトスワローズでの実績から、
名将 野村克也氏を監督に迎えました。

在任中の3年間は毎年セ・リーグの最下位。

自身でのタイガース再建は困難と判断。
夫人に関する事件をキッカケに退任。
後任に熱血指導の星野仙一氏を推薦。

星野監督になった2年後、
さらに岡田監督になってからの2年後に、
それぞれリーグ優勝をしています。

野村さんは在籍期間中は、
結果は出ませんでした。

しかし、その間に育てた選手が、
そののち主力として活躍し、
2度のリーグ優勝をもたらしたと言われています。

事業承継をする現在の経営者は、
野村克也監督と同じです。

あなたが事業承継をする前から、
経営、事業の将来を見据えて、
活動をしているから、
後継者の代に会社が成長します。
事業が伸びます。

それまでの阪神は、
監督が代わっても、
良い成績をあげられませんでした。

単純に代替わりをするだけでは、
この当時の阪神と、
何も変わらないでしょう。

事業承継後に、
会社が伸びる、
事業の業績がグンと伸びる。

事業承継後に成果がでるのは、
後継者の力ではありません。

現在の経営者、社長の、
あなたの活動の結果です。

というより、
あなたの将来を見据え行動

それが、事業承継後の、
経営、会社、事業の姿を、
全て決めているのですね。

楽天の監督になって、
甲子園球場にもどった野村監督を、
ファンは拍手で迎えたそうです。

社員も同じだと思います。

あなたが将来の姿を示し、
そこに向かって活動をする。

その過程で後継者に事業承継をする。

そして後継者が、
意欲をもって事業に取組み、
会社、事業が成長している。

その準備を用意周到にしていたあなたに、
社員も取引先も、金融機関も、
拍手を送るでしょう。

会社、事業について、
どの様な将来の姿をあなたが指し示すのか?

社員が賛同する、
実現したいと共に思える将来の姿を、
あなたが示す事ができるかどうかです。

あなたが描く、
あなたの会社、事業の将来像は、
どんなものでしょうか?
どんな中身でしょうか?

本日も最後まで読んでくださり、
ありがとうございました。

ウィズスマイル
降旗_筆サイン

 

 

【 あわせて読みたい関連記事 】

Pocket