Pocket

blog_furuhata_phote_name From:
事業承継における
「経営承継と後継者育成」実現士
降旗 利弥

事業承継をする後継者は、
経営・事業運営について、
基本を知っている人から教えてもらうことが、
もっとも簡単で早い学び方でした。

参照:事業承継をする後継者は基本を教わる!

もちろん、自分で調べることもできます。

以前は、調べようがなかったですが、
今はちょっとググれば、
溢れるほどの情報を、
手に入れることができます。

だから、自分で勉強して、
身に付けることが、
できないわけではありません。

しかし、
これほど調べることが簡単になった状況でも、
基本を知り、実践できる人から、
教わることが良いですよ。

なぜなら、、、

ネットで手に入る情報は、
玉石混交どころか、
石ばかり、石が多いからです。

後継者や経営者のあなたに、
本当に役に立つ情報は、
なかなか手に入らないからです。

手に入ることは、
ありきたりのよく聞く内容か、
それに毛が生えた程度です。

基本かどうかもわからないです。

で、ここで間違えちゃうことがあります。

「多くの人が語っているから基本だ!」
なんて思ってしまうのですね。

これ、大きな勘違いです。

事業承継をする後継者は基本を教わる!
の中で、元阪神の赤星さんの解説の話をしました。

あんなこと、私たちは、
ほとんど気づいていません。

プロのコーチなら、
当たり前にわかっていることかもしれませんが、
一般人は、全くわからないことです。

野球が大好きな人であっても、
気づかないことです。

しかし、基本を知っている人、
本物のプロは、
このようなことを当たり前に、
知っているのですね。

この差は大きいです。

そして、ネットにあふれている情報、
書店に並んでいるビジネス書、
プロとは名ばかり人たちのセミナーや講座は、
ありきたりの中身を、
ただ繰り返しているだけですね。

私が赤の他人の社長から事業承継をした時に、
うまくいかなくなって、
いろいろ勉強しました。

それこそビジネス書を読み漁り、
セミナーや研修を受講しまくり、
学んだことを実際にいくつもやって、、、

でも、結果は変わりませんでした。
やっても、やらなくても、
大差はなかったですよ。

世の中にあふれている情報は、
基本とは懸け離れた、
表面的な現象への対応に、
なっていることばかりです。

で、基本を知っている人と、
ありふれた中身を、
識別する必要がありますよね。

その最も簡単な方法は、、、

その中身を伝えている人と、
実際に会ってみることです。

その人のセミナーに参加する。
研修を受講してみる。

伝えている中身を知りましょう。
さらに、質問をして、話をしてみましょう。

スカイプで話すことでも、
話さないよりははるかに良いですよ。

直に話を聴いてみて、
チェックしてみてください。

覚悟が大事だとか、
経営能力が高い方がよい、
なんて、ありきたりで、
誰でも言うことを言っているのか?

それとも、
もっと深く掘り下げて、
原因や対策を講じているのか。

その考えや中身に、
経営者のあなたや後継者が、
少なからず賛同できるのかどうか。

面倒臭い!?(笑

受講料がもったいない!?(笑

それらが、
基本が分かっている人を探す、
障害となる理由には、
ならないと思いますよ。

ちょっと考えてみてくださいね。

もし経営者として成長するため、
あるいは、後継者の育成のため、
浅い、表面上の解決策ばかり教えられたら、
どうなるでしょうか?

「そんなの必要なかったのに、、、」
「あぁ、役に立たないじゃないか!」
とあなたは後悔をしたいでしょうか?

それとも、実践によって、
成果を手に入れるようになりたいでしょうか?

どちらを選ぶかは、
今、教えてくれる人を探すか、
探すために、セミナー受講や、
実際に話す機会を設けるか、
その行動だけの差ですよ。

セミナーに申し込む。
その前にメルマガを読んでみる。
スカイプで話す機会があれば申し込む。

そのわずかな違いが、
先々の大きな差になって現れます。

本日も最後まで読んでくださり、
ありがとうございました。

ウィズスマイル
降旗_筆サイン

 

 

【 あわせて読みたい関連記事 】

Pocket