Pocket

blog_furuhata_phote_name From:
事業承継における
「経営承継と後継者育成」実現士
降旗 利弥

事業承継を考えている経営者、社長の方は、
後継者がいないことに頭を悩ませます。

息子や婿、娘など、
後継者候補がいても、
彼らに継ぐ気がないことに頭を悩ませます。

そして、
「経営者になる覚悟をしてくれたら」と、
口にします。

 

一方、息子や婿、娘といった、
後継者の候補者たちは、
事業を継ぐことに対して、
次にように心の中で思っています。

  • この事業を続けて意味があるの?
  • この事業、これからもやっていけるの?
  • 苦労するだけの甲斐がある事業なの?
  • 事業を継いでも苦労するだけじゃないの?
  • そもそも、事業を継いで食っていけるの?

 

「事業承継」とは、
事業を引き継ぐことです。
後継者が事業を受け継ぐことです。

事業承継を実際に行い、
あなたの社長の座を後継者に、
譲ることになります。

まさに社長の座を譲る時、
それまでの事業を、
そのまま、まずは後継者に引き継がせます。

 

ここで、ちょっと考えてみて欲しいんです。

あなたが後継者に、
受け継がせようとする事業。

それは、後継者が抱える、
先ほどの危惧を、
スッキリ解消するような事業に、
なっているでしょうか?

いかがですか?

 

そもそもですが、、、

事業承継で、社長の座を譲る当日。
その時、事業がどうなっているのか?
どうなっている事業を後継者に受け継がせるのか?

あなたの中に、
はっきりと描かれているでしょうか?

事業承継のその時、
後継者に引き渡す時の、
事業の姿が描けていなければ、
今の状況を引きずったままで、
受け継がせることになるでしょう。

その事業の姿は、
後継者の危惧を、
解消できているでしょうか?

結局、戻ってくるのは、
事業承継で受け取ってもらう事業。
その姿が、受けるとる後継者の危惧を、
すっぱり解消できるものか?
とうことになります。

さらに言うと、
受け継いだ後継者が、
事業の将来に期待をもって、
経営、事業運営に取り組める姿に、
なっているのか?ということです。

いかがですか?

経営者、社長のあなたが、
後継者が期待をもって、
熱心に取り組めるように、
事業をしておくことが、
必要になりますよね。

それを、今から作り上げていくことが、
事業承継までに、
経営者、社長がやっておくことです。

相続税や贈与税の節税や、
株式の取り扱い。
これはこれで、重要ですけれど、
これにばかり、
関わってはいられません。

事業をどのような形にして、
後継者に受け取らせるのか?

これが最も重要なことです。
事業承継で焦点を当てるべきことです。

事業の将来の姿が描けていて、
後継者、後継者候補から見て、
実現するだけの魅力があることです。

そのような事業の将来像を描き、
その実現に向けて、
実際に取り組み、
少しずつでも実現させることです。

その過程に後継者を参画させ、
アイデアを出させ、工夫させ、
経験を積ませていきますよ。

事業としての魅力。
事業としての将来へ期待が持てる。

これがなければ、
後継者、後継者候補者が抱く、
最初にあげたような危惧は、
解消できないでしょう。

これがなければ、
後継者候補者はいても、
後継者に名乗りはあげないでしょう。

「事業承継」での最重要点は、
文字の通り、
「事業」に焦点を当てることです。

あなたの会社の「事業」の将来像を、
ハッキリと描いてくださいね。

 

本日も最後まで読んでくださり、
ありがとうございました。

 

ウィズスマイル
降旗_筆サイン

 

 

【 あわせて読みたい関連記事 】

Pocket