Pocket

blog_furuhata_phote_name From:
事業承継における
「経営承継と後継者育成」実現士
降旗 利弥

事業承継をこれから迎える、
社長・経営者のあなた。

あるいは、事業承継をこれから受けて、
会社、事業を引き継ぐ後継者のあなた。

「事業承継」に対して、
どのようなイメージがあるでしょうか?

私は「イメージ」については、
あまり気にしていませんでした。
考えたこともありませんでした。

先日、事業承継についてお話しした、
ある社長さん。

大方の話が終わった後、
この社長さんから次のような話がありました。

「すぐにではないけれど、
当然、息子に継いでほしいと思っています。

ただ、事業承継とか、会社を継ぐとなると、
なんか”暗いイメージ”しかなかったんですよ。

それが、良いことに、今日、くつがえりましたよ。
”暗いイメージ”ではなくて、
事業承継は、実はおもしろいくて、ワクワクできる
ということがわかってきました」と。

あなたは、事業承継に対して、
どのようなイメージをお持ちでしょうか?

今までお会いした経営者・社長、
後継者の方の発言を、
思い返してみましたよ。

  • 税金だとか、株式だとか、面倒臭いことばかり。仕方なく、やらなきゃなんともならないからやっている。
  • 相続や株の話など、家族、親族を巻き込んで揉め事になりやすいから良いイメージは持てない。
  • 揉め事がおこって、家族や親族がバラバラになる。
  • 社長の親父とは、事業承継の話が出てから、ほとんど口をきかなくなった。口を開けば感情的になるし、言い合いになる。
  • 親父の社長とは、意見が違う。話をすれば非難されるし、否定されるから、話をする気にもならない。
  • 後継者の代になると、業績不振になるとか、潰れるなんて話もあるし、自分がそれに当てはまらないとも限らないし。

などなど、、、
揉め事、非難、中傷、業績不振、
意見の対立、親子の確執、感情的なもつれ、、、、
などなどが、ぞろぞろ出てきていました。

社長や経営者の方の周りには、
当然、事業承継を、
目前に控えた経営者がいるでしょう。

その方から、
もめている状況を、
聞くことも少なくないでしょう。

伊勢の赤福や大塚家具のように、
マスコミによって、
世間に騒動が報じられることもあります。

その決着、結末を知ると、
もし自分の場合にこんなことが起きたら、、、
と暗い気分になるでしょう。

こんなこともあって、
最初に登場いただいた社長のように、
「事業承継」のイメージは、
「明るい、意欲湧く」というよりは、
「暗く、仕方なくやる」ということのようです。

視点がずれているから、
こんな気持ちになってしまうと、
私は考えています。

相続税や贈与税、
株式のことばかり考えていると、
家族、親族で揉める事が想像できて、
事業承継は「暗いイメージ」、
「面倒で避けたい」思いばかりになります。

これらの話は、
法律や交渉ごとなので、
あなたが提案を受けて判断することは必要ですが、
専門の弁護士や税理士が、
実際には対応できることです。

しかも、
事業承継までに片付ける話ですね。
事業承継までに終了している話です。

 

しかし、、、

事業承継は、
後継者の代になっても、
事業が継続し成長するように引き継ぐこと
と考えています。

「事業承継」は、
経営権の移動ではなく、
事業が将来に渡って続くようにすることです。

経営権の移動は、
その過程で生じる、
最終意思決定者の交代にすぎません。

今の社長のあなた、後継者、そして社員にとって、
事業、会社が目指す方向が、
魅力があって、継続、成長の期待が持てる。

その状況だから、
最終意思決定者の社長が後継者に変わっても、
事業、会社が目指す大きな方向はずれない。

目的、目標、ゴールを見失うことなく
社長となった後継者も社員も、
事業と経営の活動をし続けることができる。

期待と希望、意欲を持って、
事業、仕事に取り組むことができる。

それには、
事業が継続し、成長する将来の姿が、
描けていることです。

「今のままが続く」というだけでは、

  •  この事業、続けていけるの?
  •  競合との戦いに勝ち残れるの?
  •  後継者自身がやっていけるの?

という不安は拭い去れません。

  • 事業として成長する。
  • 発展してお客様が喜ぶ。
  • 会社が成長する。

この実現を、
今の社長から後継者に渡って実現する
という観点で事業承継を捉えてください。

 

将来に向かって、
成長し期待が持てる将来像が存在し、
それを実現する過程で、
経営者が交代する。
このような「事業承継」ならば、
どのようなイメージを持てるでしょうか?

先ほどの、揉め事がおこるなどの、
今まで多くの人が抱いていた「暗いイメージ」から、
「おもしろい、ワクワクするイメージ」に、
一転して変わっていきませんか。

最初にお話しした社長さんには、
今日お伝えしたことをお話しし、
実際に、成長し期待が持てる、
事業の将来像を描く方法をお伝えしました。

そのことで、
「事業承継への暗いイメージ」から、
「おもしろい、ワクワクイメージ」に、
捉え方が変わりました。

これは、最初に登場いただいた社長さんだから、
変わったわけではありません。

誰にでもできるやり方があります。
難しくはありません。

知っているか、知らずにいるか。
やるか、やらないか。
考えるか、考えないか。

この差だけです。
ただ、それだけの差です。

その詳しい中身は、
メールマガジン「スーパー経営者養成講座」や、
メールマガジンでお知らせするセミナーでお伝えしています。

本日も最後まで読んでくださり、
ありがとうございました。

ウィズスマイル
降旗_筆サイン

 

 

【 あわせて読みたい関連記事 】

Pocket