Pocket

blog_furuhata_phote_name From:
事業承継における
「経営承継と後継者育成」実現士
降旗 利弥

事業承継を後継者にしようと考えても、
なかなか実際に経営を任せる、
社長の座を譲ることにならない、
というケースは少なくありません。

理由はいろいろなのですが、
その一つが、
「後継者が頼りない!」から。

  • 経験がないから心配だ。
  • 慣れていないからまだ早い。
  • 自分と同じようできるまでにはまだまだだ。

などなどの理由で、
頼りなく感じているようです。

今までずっと事業を行い、
経営をしてきたあなたと比べれば、
経験が足りないのは当然ですね。

慣れていないことも当たり前。

ましてや、
あなたと同じになるには、
今のあなたと同じだけの月日と経験が、
必要になってしまいます。

はっきり言って、
「後継者が頼りない」のは当たり前です。

あなたとの差は、
そう簡単には埋まるものではありません。

その結果、
いつまでたっても後継者は頼りなく感じられ、
事業承継はできずじまい。

あなたは事業承継したいと気を揉みますが、
実際には事業承継の日は訪れません。

事業承継を控えた社長の平均年齢は、
10年前から10歳上昇しただけ、
という調査結果もあります。

気を揉んでいるうちに、
あっという間に時間は経ってしまいます。

それを避けるために、
後継者に権限をどんどん移譲して、
はやく事業承継できるように、
経験を積ませれば良い、
なんてことを言う方もいますね。

あながち間違えではないのですが、
それって、かなりリスクが高いですよね。

後継者にとっても、
「いきなり権限移譲されてもね」、
ということになります。

経営者のあなたが、
後継者を頼りなく感じる原因は、
後継者を従業員として働かせているからです。

経営者の息子であっても、
社長が指示をして、
それにそって働くのならば、
従業員と変わりません。

従業員の一人として働いていると、
サラリーマン感覚が染みつきます。

経営者のあなたから見れば、
ますます頼りなく見えますよ。

経営者と従業員では、
考え方が全く逆だからです。

経営者は、何があっても、
自分で考え、意思決定をして、
結果に対しても責任を負いますよね。

一方、従業員は、
言われたことをやり、
結果は結果というだけのことです。

経営者から見れば、
従業員は頼りなく見えて当然。

後継者が従業員として働いていれば、
その行動をみて、
頼りなく感じるのは当然です。

「頼りない」と感じる最大の原因は、
『経営者』であり、
『事業を主体的に運営している』という、
意識、考え方の薄さに由来しています。

意識、考え方が弱いので、
それが行動に現れてしまい、
経営者のあなたからは「頼りなく」見えるのです。

では、どうするのでしょうか?

 

後継者を、
経営、事業のパートナーにしてください。

事業、経営の同一のゴールを目指す、
共同事業経営者と考えて、
実際にそのように対応してください。

あなたの考えを指示するのではなく、
後継者の意見、考えを聴いてください。
議論をしてください。

その上で、
実行の権限を移譲してくださいね。

その時、肩書きはなんでもいいですよ。

後継者が経営者と同じように事業に取り組んでいる、
と社内で見えることが重要です。

経営、事業における後継者の行動が、
社長、経営者と同じ考えに基づいている、
ということが社内外に分かることです。

だから、経営、事業について議論し、
社長、経営者と同じ視点で、
後継者が意見を言うことです。

後継者が、社長と同じことを言う。
社長の行動と同じように活動する。

従業員とは違う、
経営者側にはっきりと立っている。
その中で、経営、事業の活動をする。

時間が経てば、
経験を積むことができます。
慣れることもできます。

あなたと議論し、
経営、事業に携われば、
あなたに近づくことができます。

経営者のあなたと同じように、
後継者が、経営、事業について考えている。

あなたと議論して、
よりよい経営、事業のゴールを目指している。

同じように考え、同じように行動し、
結果を出している。

それを見た時、
それでもあなたは「後継者は頼りない!」と、
言うのでしょうか?

本日も最後まで読んでくださり、
ありがとうございました。

ウィズスマイル
降旗_筆サイン

 

 

【 あわせて読みたい関連記事 】

Pocket