Pocket

blog_furuhata_phote_name From:
事業承継における
「経営承継と後継者育成」実現士
降旗 利弥

後継者に事業承継をする。

その後に、
経営者・社長のあなたが積み上げてきた、
会社、事業はどうなって欲しいでしょうか?

会社が継続して行って欲しい。

事業も会社も、今以上に成長して欲しい。

たくさんのお客様に購入していただきたい。

会社の知名度やブランドが高くなって欲しい。

このように思っているのではないでしょうか。

 

ここで質問です。

経営者・社長のあなたが、
今まで築き上げてきた、
事業の中身、経営のやり方。

それをそのまま引き継いだら、
先ほどあなたが考えているように、
会社、事業は何事もなく継続し、
期待通りに成長するでしょうか?

いかがですか?

 

多くの場合、
「そう簡単じゃぁないよな」
と考えられているのではないでしょうか。

  • 売り上げ・利益が伸びない。減少傾向だ。
  • 社員が定着しない。出入りが激しい。
  • 採用したいが応募者が減ってきている。
  • 最近、参入してくる会社が増えている。
  • 事業・業界の先行きが不透明だ。
  • 大手が参入。お客様の奪い合いになっている。
  • 新たな商品・サービスのお客様を奪われている。
    (音楽ダウンロードがCD販売に代わったように)

将来への期待はあっても、
現実には、様々な課題・問題を抱えている場合が、
少なくありません。

今のままやって行けば、
後継者に変わっても会社は安泰。
事業も会社も継続して、どんどん大きくなる。

なんてことは、多くはありませんね。

今の経営、事業の延長線上には、
すでに見えている多くの問題と、
行き詰まりが待っているとも言えます。

必ずしも、会社の明るい未来がある、
とは言えないことが少なくありません。

 

では、、、

会社・事業の継続、成長のために、
現在の経営・事業が抱える問題・課題を、
事業承継を受けた後継者が、
スパッと解決できるのでしょうか?

後継者に任せれば、
解決することができるのでしょうか?

「後継者が解決できる!変えられる!」
とは簡単には言えないと思います。

あなたから見て、
後継者はまだまだ頼りなく見えているでしょうから。

 

では、あなたが抱える経営・事業の問題・課題は、
誰が解決するのでしょうか?

あなたが期待する、
会社・事業の将来の姿は、
誰が考え作り出すのでしょうか?

経営者・社長のあなた自身ですか?

あなたがまだまだお若くて、
後継者のことを考える必要がないなら、
あなたご自身が解決すべきことですね。

あなたが経営者・社長として、
経営を行う期間は、
まだまだ十分長いと考えられるからです。

しかし、あなたが事業承継を考えていて、
事業承継後の将来を気にかけているなら、

あなたが抱える問題・課題の解決は、
あなただけでなく、
後継者にも関係してくると言えますよね。

経営者・社長のあなただけでなく、
後継者も知恵を絞り、実践をして、
共に解決していくものだと思いませんか。

それがあるから、
問題・課題の解決の途中でも、
時期が来ればあなたは社長の座を、
後継者に譲ることができますよね。

あなたと後継者で、
ともに描いた将来に向けて、

事業承継後も後継者が、
引き続き問題・課題解決をして、
期待できる事業・経営の将来を実現する、
という安心感をもって社長の座を譲ることができますね。

事業承継後に、
後継者に任せて、事業・経営の問題・課題、
そして将来を変えるのではないのですね。

今から、
経営者・社長のあなた、
そして後継者がともに、
事業承継後の将来に向けて変えていく

だから、事業承継がスムーズに行える。
事業承継後も、会社・事業を継続し、
成長させることができるのですね。

 

本日も最後まで読んでくださり、
ありがとうございました。

ウィズスマイル
降旗_筆サイン

 

 

【 あわせて読みたい関連記事 】

Pocket