Pocket

こんにちは。
売り上げとモチベーションを一度にアップする専門家
ウィズスマイル 降旗(ふるはた)です。

昨日届いた秋の味覚。
本日は、松茸ごはんに姿を変えました。

秋の味覚_松茸ごはん

まだしばらく、
秋の味を楽しむことができます。

さて、、、

売り上げアップするためには、
社員が仕事に関して、
育つ必要があります。

社員を育成する解決策は、
社員に研修をして教えることだ、
と考える経営者の方は、
少なくありません。

社員の能力をアップする方法。
これは社員への研修で実現するのでしょうか?

私も企業の役員の時には、
ドンドンと売り上げアップするように、
「社員に研修をして、もっと成長してもらおう」
と考えていました。

社員には自分から学んで欲しい、
と経営者は思っています。

しかし、放っておくと、
社員は自らは学ばないと、
経営者は思っています。

実際に、普通に仕事をしていると、
大半の社員が自分からは学びません。
自ら研修を受けることもありません。

人は教えないと育たない。

経営者として、
研修をしようと、
多くの経営者は考えます。
かつての私と同じ様に。

あなたも、
この様に考えていませんか?

そこで、社内研修の時間を設けること、
外部の研修を受講させることを、
実行します。

ところが社員は、
会社から半ば強制的に、
研修の受講が命じられた、
と感じています。

外部研修の受講を強制された、
と感じています。

ちょっと想像してみてください。

学生時代、
あなたの嫌いな教科はなにでしたでしょうか?

私は、数学と物理が嫌いでした。
さらに、英語も。(笑)

「えっ、降旗先生は理系の博士でしょ!
それなのに数学と物理が嫌いなんですか?」
なんて不思議がられる事もありますが、
嫌いなのだから仕方がないですね。(笑)

私の事はさておき。
あなたも数学が嫌いだったとしましょう。

”数学の補講をやるから出ろ!”
と学生時代のあなたに、
先生が言ったとしたら、
あなたはどう感じますか?

補講に出席しても、
それは嫌々ではありませんか。

早く終わらないかなぁっと、
補講中に考えていたのではありませんか?

その様な状況で補講を受講して、
あなたの数学の能力は、
補講前よりアップするでしょうか?

かなり難しいですね。
早く補講が終わらないかなぁ~
と考えているわけですから。

補講の後、あなたは自ら、
嫌いな数学の勉強を、
進んでやるようになるでしょうか?

「そりゃやらないよ。だって嫌いなんだから。」
これが普通の返答です。

さらに、「例え自分から勉強をしても、
それはテストの前だけ」
というのが普通でしょう。

企業における研修が、
嫌いな数学の補講と同じだと言ったら、
どうでしょうか?

学生ではなく、
もう社会人だから違うだろう、
なんて考えていませんか?

社会人は学生と立場が違うので、
その行動も異なります。

しかし、研修参加は、
会社から強制された、
という気持ちは同じです。

学生は、補講に出ない、出ても寝ている、
真剣に聞かずに時間を過ごす、でしょう。

一方社会人は、
研修を受講しているフリを、
するでしょうね。

そのため、
研修を受講しても、
研修内容を実務では活かせない、
という状況に陥っていませんか?

研修を受講した事実はあっても、
実務で研修の内容を使うことは、
ほとんどないでしょう。

受講したフリなのですから、
当然といえば当然ですよね。

会社、経営者としては、
仕事ができる社員が必要。

そのために、
研修で社員に教える事が必要。

しかし、研修で教える中身は、
社員が好んでいる内容とは限らないので、
先ほどの数学の補講と同じ。

強制的に教えれば教えるほど、
研修を受講はしても、
実務には活かさない、活かせない

そのうえ社員は、
自分から進んで学ぶ様にはならない。

時間とお金を費やして、
研修をやればやるほど、
実務の成果はでません。

社員はますます、
自分から学ぶ事から、
遠ざかっていきます。

最初の質問をもう一度思い出してください。

社員の能力をアップする方法は、
社員への研修なのでしょうか?

研修すべてを否定している訳ではありません。

しかし、社員は研修で、
本当に育つのでしょうか?

「でもね、、、研修やセミナーの他に、
社員の能力をアップする方法は、
ちょっと考えつかないよ。」

此の様に考える経営者の方、
少なくありません。

私も、以前はそう考えていました。

正直にいうと、
普通に研修をおこなっていると、
社員が育つ事は期待薄です。

社員の能力をアップする。
研修の中身を実務に活かす。

それには、
今、普通に会社でおこなわれている、
研修の方法とは異なった方法が必要ですね。

成果がでる、
今とは異なるやり方があります。
どの様にやるのでしょうか?

それは、次の記事にて。

あなたの意見・感想を聞かせてくださいね。

本日も最後まで読んでくださり、
ありがとうございました。

【 あわせて読みたい関連記事 】

Pocket