Pocket

blog_furuhata_phote_name From:
事業承継における
「経営承継と後継者育成」実現士
降旗 利弥

事業承継を行うとなった時、
経営者・社長のあなたは、
何をやるでしょうか?

事業承継を広く捉えると、

  • 親族内での継承
  • 経営陣への継承
  • M&A

が方法として考えらえますね。

事業の継続という観点で考えると、

事業譲渡

という選択肢もあります。

さらに、継承ではありませんが、
経営者として事業をどうするか、
という観点で捉えると、

廃業

という選択肢もあります。

廃業は会社も事業もたたんでしまうので、
今回は、対象から外しますね。

 

まず、外部への承継として、
M&Aと事業譲渡があります。

これを選択肢にした場合、
あなたはどうするでしょうか?

M&Aの仲介会社を紹介してもらい、
案件として持ち込む。

仲介のコンサルタントにサポートしてもらい、
相手先を探し、交渉して、
めでたく成立に向かう。

という筋書きが考えられるのですが、
仲介会社に持ち込んだとして、
あなたの会社、事業の買い手が、
すぐに見つかるでしょうか?

難しいと思いませんか?

 

逆の立場で考えてみてくださいね。

あなたがどこかの会社を買収しようとした時、

その会社が、営業利益のマイナスが続いている、
そこまでいかなくても、
営業利益がたいして出ない状況で、
事業内容に特徴がなかったとしたら、、、

あなたは買収先にするでしょうか?

他の買収先を、
探そうとするのではないですか?

買収によって、
自社の事業にプラスに働く、
あるいは、ゼロからその事業をやるより、
はるかに早く収益を手にいれることができる。

そんな相手先でなければ、
買う対象にはならないと思いませんか?

買収先にしたとして、
高額での買収をするかとういと、
そんなことはないでしょう。

借入金を請け負う場合は、
最低価格の1円での買取り、
といった厳しい条件になるでしょう。

それでも、借入金が、
全部なくなるならOK、
という考えもあるとは思いますが。

簡単にM&Aや事業買収がまとまるような、
そんな対象にはなりにくいでしょうし、
あなたが望むような価格はつかない、
ということになるでしょう。

 

では、経営陣への承継、
親族の後継者への承継を、
考えてみましょう。

今のあなたの経営、事業の状況で、
彼らは喜んで、
事業承継を受け入れるでしょうか?

売上が伸びない状況。
あなたが毎日、毎月、
売上と支払いに追われている状況。

利益がなんとか出ている状態。
借入でなんとか運転資金を賄っている状態。

このような状況の事業、経営を、
後継者あるいは経営陣は、
意欲を持って継ごうと考えるでしょうか?

あなたが彼らの立場だったら、
継ぐとすぐに意思表示するでしょうか?

難しいと思いますよ。

継ぐ覚悟があるとか、ないとかではなく、
先があると感じられない事業を、
継ぐ気持ちに通常ならない。

これが普通の感覚だと思いますが、
いかがでしょうか?

後継者をどんなに説得しても、
後継者の心は動かないと思いますよ。

 

事業承継を考えた場合、
経営者、社長のあなたが、
まずやらなければならないこと。

それは、たった二つのことです。

一つ。
事業の収益を高めること

二つ目。
期待の持てる事業の姿を描き、
その実現に向けた行動を始めること。

この二つです。

 

事業として収益性が上がれば、
後継者にとって、
事業の将来への不安は和らぎます。

収益が上がるということは、
成果がでる事業になっている、
ということですから。

そして、期待の持てる将来の事業像があり、
その実現に向けて、
すでに行動を始めているとしたら、

後継者には、魅力ある事業に映る
と思いますよ。

M&Aや事業譲渡考えても、
このような事業経営をしている方が、
少なからず魅力があり、
買収価格も良くなるでしょう。

 

経営者、社長のあなたが、
すぐにでもやるべきこと。

それは、たった二つのこと。
事業の収益を高めること。

期待の持てる事業の姿を描き、
その実現に向けた行動を始めること。

です。

 

本日も最後まで読んでくださり、
ありがとうございました。

 

ウィズスマイル
降旗_筆サイン

 

 

【 あわせて読みたい関連記事 】

Pocket