Pocket

blog_furuhata_phote_name From:
事業承継における
「経営承継と後継者育成」実現士
降旗 利弥

事業承継をして、
後継者に代替わりした後、
順調に会社・事業が継続する。

この状態は、
経営者・社長が望む姿でしょう。

後継者の代になって、
会社、事業の業績が短期間でとても良くなって、
どんどん成長している
となったらどうでしょうか?

先代の経営者・社長のあなたは、
どのような気持ちでしょうか。

「後継者(の息子よ!)、よくやった!
このまま会社、事業を、
もっと大きく成長してくれ!」

と諸手を挙げて、
喜ぶことができるでしょうか?

 

多くの経営者・社長は、
「後継者(の息子)に任せてよかった」
と言ってはいても、
内心は穏やかではないと思います。

社員にも取引先にも、お得様にも、
後継者の経営能力はすごい!、
ということが明らかになります。

ということは、
誰も面と向かっては言いませんが、
「先代よりは若社長のほうがすごいな!」
「先代はあれが限界だったんだ」
と思っているかもしれませんね。

正直に言うと、
こんな風に思っている、
取引先や社員は、ほんの一握りでしょう。

しかし、一握りでも居るんですね。
そして、どこかで、先代を批判するんです。

あなたの会社には、
このような不届きな社員は、
いないと思います。

しかし、先代の経営者・社長は、
内心、そんな風に社員や取引先に、
言われているのではないか?
と不安に思っている場合があります。

 

一種の被害妄想との側面もありますが、
心の奥深いところを覗くと、
誰もが多かれ少なかれ、
このような評価をされていると思い、
それは嫌だと考えるでしょう。

事業承継前に、
事業の状況が芳しくなく、
後継者のデキが良いと、
こんな評価を後々されると、
経営者・社長はますます考えても不思議ではありません。

だから、今のままでは、
後継者に継がせることはできない。
なんとか挽回して、よくしてからでないと、
継がせられない。

こんなことを考えて、
何年も経営者・社長の座にとどまり、
後継者に譲らずに居る方、
少なくありません。

後継者はどんどんと歳をとり、
若くなくなり、
事業への意欲が薄れていきます。

継いだ時には、
もう改革を進めるほどの、
若さと意欲がありません。

「そんなバカな!」
と思うかもしれませんね。

後継者が居るにもかかわらず、
後継者も継ぐ準備をしてきているのに、
一向に社長の座につけずに居る会社があります。

「早く経営者・社長の座を、
後継者に譲りなさい!」

と言いたいのですが、
同時に、譲った後の前社長に対する、
社員や取引先の評価を気にする気持ちも、
よくわかります。

 

後継者に継がせた後、
会社・事業がドカンと成長しても、
前経営者・社長の評価が下がることなく、
今まで以上の評価をされて、
事業承継をできるやり方があります。

「そんなうまい話があるのか?」
とあなたは思うでしょうね。

そんなうまい話があります。

「事業承継の主役は後継者だ」
というありきたりの考え方からは、
出てこないやり方です。

奇をてらっているわけではありません。

そもそも、事業承継の目的は何で、
そのために何を継承することが必要なのか

これがわかっていれば、
簡単に考えつくことです。

その具体的なやり方とは、、、

この続きをお伝えすると、
長くなってしまいます。
続きの考え方、やり方は、
次の記事でお伝えしますね。

 

本日も最後まで読んでくださり、
ありがとうございました。

 

ウィズスマイル
降旗_筆サイン

 

 

【 あわせて読みたい関連記事 】

Pocket