Pocket

blog_furuhata_phote_name From:
事業承継における
「経営承継と後継者育成」実現士
降旗 利弥【スゴ経】

前回の記事、

後継者育成で成果を手にする経営者の行動

では、後継者育成のために、
ビジネス書を勧めたとき、
成果を出すための行動をお伝えしました。

経営者・社長にとっても、
ビジネス書を読んでおくことは、
事業承継を考えると大切なことでした。

今回は、ビジネス書ではなく、
セミナー受講を、
後継者に勧めたときの対応について。

 

ビジネス書の場合と同様、
セミナー受講を後継者に勧めるだけでなく、
「経営者・社長ご自身もやる」ことです。

セミナーの場合ならば、
後継者に受講を勧めたセミナーを、
経営者・社長のあなたも、
受講して中身を知ることです。

「この歳でセミナー受講なんてできないよ」、
とは考えないでくださいね。

必要なことは、
何歳になっても学び、
実践する必要がありますから。

後継者があなたの勧めたセミナーを受講するなら、
経営者・社長のあなたも、
一緒に受講してくださいね。

後継者が学ぶ内容と、
同じ内容をあなたも学んでください。

そして、
ビジネス書のときと同じように、
学んだ内容について、
後継者と議論をしてください。

  • どの部分は活用できるのか?
  • どの内容は活用しないのか?
  • 活用するには、どこをどのようにすると成果がでるのか?

 

このようなお話をすると、
「同じセミナーを一緒に受講するなんて!」
と多くの経営者・社長がおっしゃいます。

一緒に受講するのが、
どうも恥ずかしいらしいです。

もし後継者の前で間違えたら、
できなかったら、知らなかったら、
今の経営者・社長の威厳が保てない。
格好が悪い。

そのような考えが、
頭の中を駆け巡るからでしょうね。

後継者と社長が、
一緒のセミナーを受講する。

これって、
そんなに恥ずかしいことだとは、
思わないのですけれど。

何歳になっても、
学ぶことは尊いことです。
学びそれを実践することは、
経営者として必要なことですから。

もし、どうしても、
一緒に受講するのはちょっとね、
と思うのならば、
別々に受講しても、
それは構わないと思います。

その場合は、
ぜひ、経営者・社長のあなたが、
先に受講してくださいね。

そして、受講結果を、
あなた自ら実践してくださいね。

そうすれば、
セミナーの中身の良し悪しがわかるので、
後継者に受講を勧めることも、
やりやすくなると思いますよ。

 

どうしても受講の時間が取れないならば、
後継者がセミナー受講後に、
内容を後継者に、
説明してもらってください。

そして議論をしましょう。
議論した結果を、
実際の経営・事業に活かしましょう。

経営者・社長のあなたと、
後継者の間で、
役割を決めて実践しましょう。

あなたにセミナー内容を説明することになれば、
後継者にとっては、
セミナー受講の復習になります。
あなたは新たにな内容を学ぶ機会になります。
一石二鳥です!

ビジネス書にしろ、
セミナー受講にしろ、
経営者・社長と後継者の間の、
理解内容、認識を、
揃えることをしましょう。

このことが、
事業承継で、
後継者と経営者・社長の認識を揃え、
実践につながります。

実践を通じた育成になります。
経営の承継が、
上手にできることにつながります。

 

本日も最後まで読んでくださり、
ありがとうございました。

 

ウィズスマイル
降旗_筆サイン

 

 

【 あわせて読みたい関連記事 】

Pocket