Pocket

blog_furuhata_phote_name From:
事業承継における
「経営承継と後継者育成」実現士
降旗 利弥

事業承継をするためにおこなわれる後継者の育成は、
内容がズレていて足りない、
という点を前回の記事でお伝えしました。

参照:事業承継に向けた後継者の育成は間違っている!?

20150828_blog

その原因は、
後継者の育成では、
テクニックとハウツーばかりを
教えているからでした。

経営・事業を行うには、
頭を使って考えなければなりません。
自分自身で経営、事業について、
考える必要があります。

「マネをすれば良い。
いや、マネをした方が良い」
という話もあります。

これが当てはまるのは、
テクニックとハウツーの部分、戦術に該当する部分での話です。

戦術はマネできたとしても、
戦略はマネしても、マネしきれるものではありませんから。

優れた戦略ほど、表からは見えない、
売上アップの重要なポイントを隠しているものです。

例えうまくマネできたとしても、
マネ元と同じ成果が出るわけではありません。

参考にはできても、
自身の事業の戦略は、自分で考える必要があります。

さらに、事業戦略は、
そもそも事業理念、事業使命、将来像が、その土台にあります。

どこかから、フワッと戦略が、
湧いてくるわけではありません。

湧いてくる戦略は、
風に流される風船のように、
フラフラ、フワフワして、
すぐに形を変えてしまいます。
経営・事業の現場を混乱させます。

後継者は、どのような考え方と視点で、
事業理念、事業使命、将来像を土台として導き出すのか。
どのような観点で、戦略を生み出すのか。

これらは、
ビジネスの思想、ビジネスの考え方から導き出されます。

しかし、このような観点を学ぶ機会は、
ほとんど、いや、全くないのが現実です。

なにしろ、経営・事業に関するビジネス書もセミナーも、
テクニックとハウツーと、
あまりにざっくりした理論ばかりですから。

例えば、

  • 「ニッチ」の本当の意味、ビジネスでの使い方をご存知ですか?
  • 「顧客満足」の本当の意味と活かし方がわかりますか?
  • 「価値」の本来の意味をご存知ですか?
  • なぜ社員は指示待ちなのかお分かりですか?
  • なぜ売上がアップしないのかわかりますか?

などなど

もしスパッと答えられるなら、
もうこのブログにはアクセスしなくても充分だと思います。

例え意味がわかったとしても、
ビジネスでの活かし方を
ほとんどの方がわかりません。

答えを導き出す根本の考え方、視点、
思想を持っているのか、
それとも何もなくフワッと経営・事業をするのか?

この差は大きいと思いますよ。

後継者は、
経営・事業の土台になる考え方、視点、
ビジネス思想を身につけてくださいね。

それがわかっているので、

「今の事業がたとえダメになったとしても、
もう一度ゼロからやって、成果を手にすることができる自信がもてました」

と、競合が300以上ある温泉地で、
未経験で顧客満足度地域No.1となった宿泊施設を作り出した、
クライアントS氏が言ってくれています。

あなたも以下からレポートを手に入れて、
一緒に成果を手にする流れに乗りませんか?

ビジネスの思想と考え方の一端を手に入れて、
ご自身の経営・事業で活かして、
脆化を手にしませんか?

 

本日も最後まで読んでくださり、
ありがとうございました。

追伸:
この下のフォームから、無料のレポートを手に入れないのですか?
リスクのない、せっかくのチャンスを逃すなんて、、、
そんな無駄なことをするあなたは、経営者には適さないかもしれませんよ。

 

ウィズスマイル
降旗_筆サイン

 

【 あわせて読みたい関連記事 】

Pocket