Pocket

blog_furuhata_phote_name From:
事業承継における
「経営承継と後継者育成」実現士
降旗 利弥

経営・事業をおこなっていると、
やること、やらなければならないことが、
山のようにあります。

ちょっと考えると、山のように出てきます。

やること、やらなければならないことは、
実際に実行する必要があります。

実行をして、
結果・成果をある期間の中で、出す必要がありますよね。

山のようにあることを、
実行しようとすると、
必要な社員の数、お金、割く時間など、
経営資源といわれるものに、
限りがあることにぶち当たります。

何でもかんでもできるほど、
潤沢に社員や、お金や時間がある、
というわけにはいかないのですよね。

経営資源には上限があって、
その限られた資源の中で、
やること、やるべきことを、
効率よく実行することが求められるのですね。

だから、簡単ではないのですよね。
えい!やっ!とは、できないのですよね。

では、どうしたらよいでしょうか?

やること、やらなければならないことの、
たくさんのリストの中から、
実行する項目を選ぶことです。

すべての事をやろうとすると、
限られた資源を、いろいろな事柄に、
分散投資することになります。

その結果、
どれもこれもが中途半端になります。
どれも結果、成果がでることなく、
時間だけが過ぎますよね。
これを避ける必要があります。

「ならば、
やることに優先順位をつければ、
それで十分なんじゃないの?」
と、あなたは思ったかもしれません。

「優先順位をつける。」

一見わかりやすいんですが、
こんなことを考えているから、
いろいろがどっちつかずになって、
時間だけが過ぎていくのだと思いますよ。

こんな甘っちょろいことを言わずに、

取捨選択しましょう!

ということです。

「優先順位付け」は、
たくさんの中からどれを順番にやるのか、
他のモノより先に扱うモノを決める事です。

「取捨選択」は、
たくさんの中から必要なモノを選び取り、
不要なモノを捨てることです。

経営・事業において大切なことは、
「やること」を取捨選択すると同時に、
「やらないこと」を選びだし決めること、
だと思いますよ。

優先順位がどうこうではなく、
やることを決めると同時に、
やらないことを決めましょう、
ということです。

そして「やらない」と決めたことはやりません。

「やる」と決めた事を実践し、結果が出たあと、
再び実施する項目を取捨選択するときに、
必要と考えるなら、
選択する対象に加えるだけです。

そして取捨選択」の判断を、またするだけなのですね。

私たちの経営・事業では、
やることはたくさん出てきます。

でも「やらない!」ことは、なかなか決めません。

「やること」があるから、
「やらないこと」なんかいらない、
と考えているのですね。

しかし、

「やらないこと」を決めていないから、
「やること」の実践結果から、
適切ではないことをやってしまうのですね。

例えば、、、

通信販売の収益が、
いろいろやっても予算に達さない。

通信販売の送料は、今まで自社もちだった。
収益が伸びないから、
送料を取るようにいきなり代えちゃいます。

あるいは、
配送方法を費用のかからない方式、
(例:宅配便をメール便に代える)
に突然代えることをします。

送料について、
やらないことを決めていないから、
簡単にそれまでの考えを覆してしまうのですね。

このようなことは、
当たり前のように、
経営・事業で行われていることは、
少なくないと思いますよ。

優先順位も重要ですが、
もっと重要なことは、
やることを取捨選択し、
やらないことを明らかにすることです。

やらないことは、本当にやらないこと。
安易にやることにしてしまわないことです。

本日も最後まで読んでくださり、
ありがとうございました。

 

ウィズスマイル
降旗_筆サイン

 

経営・事業をおkなっていると、やること、やらなければならないことが、山のようにあります。

ちょっと考えると、山のように出てきます。

やること、やらなければならないことは、実際に実行する必要があります。

実行をして、結果・成果をある期間の中で、出す必要がありますよね。

山のようにあることを、実行しようとすると、必要な社員の数、お金、割く時間など、経営資源といわれるものに、限りがあることにぶち当たります。

何でもかんでもできるほど、潤沢に社員や、お金や時間がある、というわけにはいかないのですよね。

経営資源には上限があって、その限られた資源の中で、やること、やるべきことを、効率よく実行することが求められるのですね。

だから、簡単ではないのですよね。えい!やっ!とは、できないのですよね。

では、どうしたらよいでしょうか?

やること、やらなければならないことの、たくさんのリストの中から、実行する項目を選ぶことです。

すべての事をやろうとすると、限られた資源を、いろいろな事柄に、分散投資することになります。

その結果、どれもこれもが中途半端になります。

どれも結果、成果がでることなく、時間だけが過ぎますよね。これを避ける必要がありますから。

「ならば、 やることに優先順位をつければ、 それで十分なんじゃないの?」と、あなたは思ったかもしれません。

「優先順位をつける。」

一見わかりやすいんですが、こんなことを考えているから、いろいろがどっちつかずになって、時間だけが過ぎていくのだと思いますよ。

こんな甘っちょろいことを言わずに、
取捨選択しましょう!
ということです。

「優先順位付け」は、たくさんの中から、どれを順番にやるのか、他のモノより先に扱うモノを決める事です。

「取捨選択」は、たくさんの中から必要なモノを選び取り、不要なモノを捨てることです。

経営・事業において大切なことは、「やること」を取捨選択すると同時に、「やらないこと」を選びだし決める、ということを意味していますよ。

優先順位がどうこうではなく、やることを決めると同時に、やらないことを決めましょう、ということです。

そして「やらない」と決めたことはやりません。

「やる」と決めた事を実践し、結果が出たあと、再び実施する項目を取捨選択するときに、必要と考えるなら、選択する対象に加えるだけです。

そして取捨選択」の判断を、またするだけなのですね。

私たちの経営・事業では、やることはたくさん出てきます。

でも「やらない!」ことは、なかなか決めません。

「やること」があるから、「やらないこと」なんかいらない、と考えているのですね。

しかし、「やらないこと」を決めていないから、「やること」の実践結果から、適切ではないことを、やってしまうのですね。

例えば、、、

通信販売の収益が、いろいろやっても予算に達さない。

通信販売の送料は、今まで自社もちだった。それなら、送料を取るように、いきなり代えちゃいます。

あるいは、配送方法を費用のかからない方式、(例:宅配便をメール便に代える)に突然代えることをします。

送料について、やらないことを決めていないから、簡単にそれまでの考えを、覆してしまうのですね。

このようなことは、当たり前のように、ザラに経営・事業で、行われていることは少なくないと思いますよ。

優先順位も重要ですが、もっと重要なことは、やることを取捨選択し、やらないことを明らかにすることです。

やらないことは、本当にやらないこと。安易にやることにしてしまわないことです。

本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

【 あわせて読みたい関連記事 】

Pocket