Pocket

blog_furuhata_phote_name From:
事業承継における
「経営承継と後継者育成」実現士
降旗 利弥

経営者・社長が陥りやすい、
「経営の蟻地獄」があるのですがご存知でしょうか?

後継者は、この「蟻地獄」に落ちない術を、
身につけておく方が良いです。

「経営の蟻地獄」とは、
経営において、経営者・社長、後継者がおこなうべき、
意思決定に関係することです。

「蟻地獄」
懐かしいですね。

郷里の裏山の小さな祠の裏の砂地に、
昔はたくさんありました。
あの祠はどうなっただろう、
なんて思い出しちゃいましたけど。(笑

今回は、この「うすばかげろう」の幼虫の
アリジゴクとは違いますよ。(笑

違いますけど、
祠の裏の砂地同様、
経営をする際には、
「経営の蟻地獄」がたくさん待ち構えています。

経営者・社長、後継者は、
「経営の蟻地獄」に落ちたとしても、
落ちているという感覚は、恐ろしいことにありません。

砂地の蟻地獄に落ちた蟻のように、
もがいているうちに、
どうにもならなくなってしまいます。

「経営の蟻地獄」とはどのような状態で、
どうやって脱出するのか、
その回避方法を知っておく必要があります。

今回はその「経営の蟻地獄」のお話。
某経営者の方(以下、経と略します)との会話。

 

 

■ 代えたい!けれど、、、

経:「うちの○○事業、ご存じですよね。」

降:えぇ。

経:「事業の状態が芳しくないので、
なんとかテコ入れをして、挽回したいんですけど。

ただ、ちょっと悩ましいことがありましてね。」

降:悩ましいことってなんでしょうか?

経:「この事業の責任者なんですけど。
交代させた方がいいと思うんですけれど、
交代させられなくて。」

降:どういうことですか?

経:「う~んとですね、、、
○○事業のことも随分長くやっていますし、
責任者になってからも長いんですけど、、、」

降:そうですか。で、どうしました?

経:「○○事業を挽回したいのですが、
現在の状況に彼が対応ができないようで。
挽回すること自体、
彼では難しいと思っています。」

降:だから交代させたいと。
でも、交代が難しいということですか?

経:「えぇ。
今まで長く当社で働いてくれていますし、
彼にも生活がありますし、社内外での立場もあるので、
どうしたものかなぁ~っと。」

降:それで悩んでいると。
同じ様な事で悩んでいる経営者の方、
少なくないですよね。
(実際、今までも、
同じ様な相談を受けたことが少なくありません。)

経:「本当に、悩ましいんですよね~。」

降:でも、あなはた○○事業を立て直したいんですよね?

経:「えぇ、立て直したいし、
売上の下降をはやく止めて、
出来るだけ早く
売上アップに持っていきたいです。」

降:そこまでハッキリしているなら、
どうしたら良いかの答えは出ますよね。

経:「彼を代えればいいのでしょうけど、
彼が今までうちで働いてきたことを考えると、
どうしたものかと悩んでしまうんですね。」

降:彼の当社への今までの貢献、働いてきた期間を考えると、
彼を交代するような荒療治は避けたいと?

経:「まぁ、そんなところです。」

 

 

■ グルグル、グルグル・・・

降:○○事業の売上の下降を止めたい。
そして売上アップにしたい。
それには仕事のやり方などを、
変える必要があると考えているのですよね。

経:「えぇ、そうです。」

降:今の責任者では、
あなたの考えを理解して、
実際に変えることがは難しいと、
あなたは考えているんですよね?

経:「えぇ、そうです。
そう考えています。」

降:でも、その責任者は、
今まで長くうちで働いて、
先代から貢献もしてきた人なんですよね。

経:「そっ、そうなんです。」

降:彼の貢献と社内外の立場を考えると、
代えるような荒療治はやらない方が良いかも?
と思っているのですよね。

経:「代えるようなことは避けたいなぁと」

降:でも、○○事業を挽回したい!
と思っているのですよね。

経:「そうです。なんとかしないと、、、」

降:でも、今の責任者でに、
状況を変えることは荷が重い。
変えられないと思っている。

経:「そうです。」

降:でも、彼の立場を考えると、
責任者を代えるようなことは、
避けたいと思っている。

経:「そうなんです。」

降:話がグルグル回っていませんか?

 

 

■ なぜ”蟻地獄”にはまっている?

経:「そっ、そうですね。
グルグルしていますね。
で、悩んでいるんですよ。」

降:この件で悩み始めたのはいつ頃ですか?

経:「2ヶ月前くらいからでしょうね~。」

降:もう2ヶ月も悩んでいるわけですよね。」

経:「そういう事になります。」

降:悩んでいると、
このままグルグル話が回り続けませんか?

経:「えぇ、その可能性はありますね。」

降:その間にも時間は経っていきますよ。
今月も売上は下降するのではありませんか?

経:「そうなりそうなんですよ。
まずいんですよ。」

降:時間が経つほど、
状況は悪化していきますよね。

経:「えっ、、、えぇ、、、」

降:悩み、もがいているうちに、
  状況は悪くなるばかり。
この状態は、あなたが、
まるで”蟻地獄”に落ちた蟻
のような状態ではありませんか?

経:「まさにそうですね。蟻地獄です。」

降:この蟻地獄から脱さないと、
状況は益々悪くなるばかりですよね。

経:「どうやって脱すればよいですか!」

降:考え方がグルグルと、
堂々巡りをしている状況なのですから、
このグルグルをどこかで断ち切ることですね。

あなたはなぜ”蟻地獄”に、
今、落ちていると思いますか?

経:「決断しないから、、、ですかね?」

降:まぁ、そうなのですが、、、

だからといって「決断しなさい」と言われても、
  決断できないでしょう?
今までだって決断できなかったわけで、
状況はなにも変わっていませんよね。

経:「そっ、そうですね。
決断しろと言われても、
結局、決断できないでしょうね~。」

降:あなたが決断できない原因を取り除くことです。
根本原因が他にあるってことなんですけれど。

経:「えっ、それがわかれば、決断できますか?」

降:はい。できますよ。
グルグル思考から脱出できます。
当然、「経営の蟻地獄」からも脱出できますよ。

あなたが決断できるようになるためには、、、

今日はちょっと長くなりました。
この話の続きは次話にて。

 

本日も最後まで読んでくださり、
ありがとうございました。

 

ウィズスマイル
降旗_筆サイン

 

【 あわせて読みたい関連記事 】

Pocket