Pocket

blog_furuhata_phote_name From:
事業承継における
「経営承継と後継者育成」実現士
降旗 利弥

経営者・社長、後継者のあなたが、
『経営戦略』、『経営計画』を伝えた時、
それを聞いた社員は、
具体的にイメージできたでしょうか?

「イメージできたと思うよ」という回答でしょうか?

イメージできたとして、どの様にイメージできたのでしょうか?

あなたは、ハッキリ説明できますか?
自信をもって「社員は○○がイメージできた」言えるでしょうか?

経営戦略、経営計画を活かす社員への伝え方 の中で、
『経営戦略』や『経営計画』を上手く伝えるためには、

伝える内容が、
・単純明快
・具体的
であることが重要だとお伝えしました。

前回までの2回に渡って「単純明快」の話をしました。
(下記記事を参照してください)

経営戦略、経営計画を単純明快に伝えるためには
経営戦略、経営計画は絞り込んで伝える

 

今回は「具体的」についてです。

『経営戦略』、『経営計画』の核を伝えるとき、
抽象的な言葉になることは、よく起こることです。

例えば、
「○○を必要とするお客様への取り組みを強化する」なんてことが、
伝えられることが少なくありません。

ここでの「取り組み」とは、何のことを差すのでしょうか?

  • 営業活動のことでしょうか?
  • 見込み客への対応のことでしょうか?
  • 既存客のフォローのことでしょうか?

では、「強化する」とは、どうすることでしょうか?

  • お客様への対応時間を増やすということでしょうか?
  • お客様を増やすということでしょうか?
  • 売上を増やすということでしょうか?
  • お客様からの獲得利益を増やすということでしょうか?

「取り組み」を「強化する」ということをどんなに伝えても、
一体全体、これから何をするのかよく判らないです。

「○○を必要とする」ということも、
○○が具体的なことなのか?
必要とするとはどう言うことなのか?

この部分でも「具体的なのか?」を問われることになります。

このように抽象性が高い言葉では、
聞く人の知識や情報量によって、異なる解釈になってしまいます。

人によって異なる理解がされてしまうと、
『経営戦略』、『経営計画』を実現するための、
同一の行動につながらなくなってしまいます。

伝える内容は、
誰が聞いても、同じように理解し、
実際の行動がイメージできる具体的な表現、
同じ目標を達成するための行動が想像できる表現
でなければなりませんね。

「見込み客発掘から営業活動を通して改善をおこない、
○○業務の生産性を向上したいお客様からの売上を増加する。」

このような内容を核としてまず伝え、
次に、各業務領域での対応を具体的に展開して伝えていくと、
聞く人はイメージしやすく、理解しやすいですね。

これが「具体的」の意味するところです。

では、ここまで「具体的」ならば、それで充分に理解されるのでしょうか?

次の点も本当はあった方が好ましいです。
いや、一緒に伝えないとまずいと考えています。

その「次の点」とは、、、

次回触れますね。

本日も最後まで読んでくださり、
ありがとうございました。

 

ウィズスマイル
降旗_筆サイン

 

【 あわせて読みたい関連記事 】

Pocket