Pocket

blog_furuhata_phote_name From:
事業承継における
「経営承継と後継者育成」実現士
降旗 利弥

・最近、会議が多いな〜。
・長い会議だけど、何が決まったんだっけ?
・新たに○○会議を設けたらしいぜ!君、メンバー?
・やっと会議が終わったけれど、また会議かよ!

と感じているあなたへ!

会議ばかりじゃ、仕事にならない!
何も決まらない会議じゃやる気もでないし、業績向上なんて無理!

『そりゃ、会議のやり方が悪いんだよ!』ということで、

・議事内容を事前に参加者に知らせているかい?
・終了時間をちゃんと設定して、参加者に知らしめているかい?
・議長や進行役がちゃんといて、議論をコントロールしているかい?
・議論を終えるときに、決まったことをちゃんと伝えているかい?
・誰が何をするかまで、明確にしているかい?

これをやれば、解決するよ!って指摘する人、多いですね〜。

それはそれで大切なのですが、
やっても大した改善効果は得られない!ってお話を前回しました。
参照:会議の時間は短くならないし、会議は減らない

実際に試してみるとよっく判りますよ。

現実に会議は減りません。
会議の時間が少し短くなるだけです。

短くなる分、決めきれないので、結局、会議の回数が増えます。

全体で見ると、なんにも変わらないか、
却って会議に関する時間が増えてしまいます

今回は、会議が増える、会議が長引く、会議で決まらない、
その本当の原因を告白します。
ということは、会議を短くするポイントがわかります。

前回の最後に、会議をおこなうときに、
意思(意志)決定に関する「基準」が決定的に欠如しているからだ、
という点をお話ししました。

ここでの「基準」とは、判断基準のことです。

何に関する「判断基準」かというと、、、

経営・事業をおこなう上での判断基準です。

施策、行動が、
*経営・事業の方針に適しているのか?
*経営・事業が目指す将来像の実現に、
プラスになるのか?ならないのか?

これを判断するための基準となるモノです。

この基準は、
経営・事業の戦略および経営・事業の計画に明記されるものです。
それも、極めて具体的にイメージできる明確な内容!としてですよ。

で、これがあると、なぜ会議が減るのでしょうか?

会議を開催したいと考える状況を考えると良くわかります。

なぜ、会議を開催したいのでしょうか?

それは、、、

権限を有する職位の人が、自分自身で決められないからです。

そこで、関係者・有識者を集め、
みんなの意見を聞いて、全員の総意として決定を下すことで、
責任を回避し、体裁を保ちつつ、自分自身を守って安心したいからです。

なぜ権限を有する職位の人間が、自身で決められないのでしょうか?

決めるための「基準」が無いからです。

もう一つは、責任を負いたくないから。。。

これはどうしようもない。
そんな人を職位に据えたあなたが悪い。

もし、明確な経営・事業計画が、
「判断基準」として存在するとどうなるでしょうか?

判断基準に沿って、権限を持っている役職者が、自分自身が決めれば良いことですね。
即断即決もできます。

決定に関して説明する点は、とても明瞭かつ簡潔。
判断基準のどれに沿っているかを明らかにするだけです。

これで、意思(意志)決定に関する会議の開催が激減します。

では、「施策を具体的に議論する会議」はどうでしょうか?

この会議は開催することは必要でしょう。
よっく議論して、納得した上で、施策を実施することが必要ですからね。

ただし、会議の時間は短くなります。

この手の会議が長引く理由も、
対象となる施策が、適切かどうかを決められず、
「あーでもない、こーでもない」と堂々巡りの議論を繰り返すからです。

明確な判断基準があると、
それに対して適切かどうかを議論するので、決定は当然早くなりますね。

会議が長引く。
たくさん会議が開かれる。

その原因の本質は、
経営・事業に関する明確な「判断基準」があれば解決します。

・・・ここまで読んで、あなたはちょっと不安になったでしょう?

その不安について、次回お話しましょう。

本日も最後まで読んでくださり、
ありがとうございました。

【 あわせて読みたい関連記事 】

Pocket