Pocket

blog_furuhata_phote_name From:
事業承継における
「経営承継と後継者育成」実現士
降旗 利弥

日本のサッカーが、リオ・オリンピック出場を
決めましたね。

素晴らしい!
すごい!

できれば、アジアで優勝してほしいものです。
そして、オリンピックで結果を残してほしいですね。

残念ながら、
昨シーズンJ1に昇格した、
私の地元の松本山雅はJ2に降格となりました。

クラブハウスもできたし、練習場も市が建設して、
市民と共有ながら専門に使えるようにもなりました。

是非、来るシーズンで成果を出して、
J1に復帰してほしいと思っているのですが、、、

で、昔の新聞のある記事を思い出しました。

今回、その記事を再度読んで、あらためて、

ブラジルのジーコはやはり凄かった!

と思いました。

その記事は、2009年の日経新聞のスポーツ欄にある
「フットボールの熱源(吉田誠一)」コラム
「Jは壮大な町づくり事業。」

やっぱりジーコは凄かった!
鹿島アントラーズも凄かった!

今の多くの会社には、同じ様な考えは、、、ほとんどないですよ。

「同じ様な考え」とは、、、

以下、上記コラムからの引用:

世界的スターのジーコが、
当時の日本リーグ2部住金(現:鹿島)に入団したのは、
サッカークラブのプロ化が、
「町おこし」という一大プロジェクトだったから。

「プロジェクトに参画できることに魅力を感じたのであって、
単にプレーだけを求められていたのなら日本にはこなかった。」
(ジーコ談)

この事業を進めるには、サッカークラブがプロフェッショナルになる必要があり、
そのためジーコは懸命に「プロとは何か」を伝授した。

Jリーグが、町に活力を付けるための壮大な事業であることを、
強く意識している選手がどれだけいるだろうか。

(日経新聞:09年5月13日「フットボールの熱源(吉田誠一)」より引用:要約)

吉田氏の記事の最後の問いかけ。
答えは皆さんにも明かですよね。

・・・今になっても、意識している選手は少ない。
意識しているチームフロントも多くはないでしょう。

でね、あなたの会社を見回してください。

例えば、、、

対お客様のプロジェクトを担当する、
PM(プロジェクトマネジャー)やそのメンバー

お客様に対応している営業職

彼らは、どんな意識で仕事をやっているのでしょうか。

経営者や管理職のあなた、こんな事を気にしたことありますか?

ないと思います。

期限までに、やるべき事をやって納品・完成すれば良い!
って、思っているでしょう。

遅れず、決められた範囲で、ミスなく完成できればOK!
PMはそう思っていますよね。

メンバーは、与えられた事を達成すればOK!
って思っていますよね。

お客様から叱られないように、
商品やサービスを納品すれば十分と営業は思っていますよ。

彼らは、やらなければならない仕事だから、
ただそれをやっているだけです。

やらなければならない仕事 = 与えられた仕事

与えられた仕事 = 給料をもらうためにする仕事

そこに、仕事に対する感情はありません。

仕事に熱意なんか持てるはずがない。
→ 淡々と仕事をするだけさ!熱くなってどうするの?

仕事や成果をなんとかもっと良くしよう!なんて思うはずがない。
→ 今までの慣れた方法でやればいいじゃん!

予定より残業が増えても当然と思う。
→ 仕方がないじゃん!残業代もらえればいいさ!
PJの利益?そんなの気にしていません!

仕事から何かを身に付けよう!なんて思わない。
→ 次の仕事もまた同じようにやればいいし、、、

自社にこの仕事を通じて何をもたらそう!なんて思わない。
→ 何はともあれ、やればいいんでしょ!

どんよりした空気・雰囲気の中で社員は仕事をし、
仕事を終えても満足感はなく、、、
なにも変わらないまま、また次の仕事が始まる。

サッカー選手で例えれば、

淡々とサッカーというスポーツをやっている。

「プロフェッショナル?
Jリーグのチームにいるからプロフェッショナルだぜ!」
と思っている選手。

「僕、サッカーができれば満足です!」という選手。

「ゲームには出たい!そのためにがんばる!
そして、ゲームには勝ちたい!」というだけの選手。

「サポーターは大切。サポーターのお陰です」
と一応言っておくがそれはインタビューの時だけさ。
サイン、頼まれればするけどね、という選手。

ジーコの感覚で言えば、
「そりゃプロフェッショナルじゃない!」って事でしょうね。

単なるプレーヤー。
プロフェッショナルもどき。

「プロフェッショナルもどき」なら、掃いて捨てるほどいますよね。

あなたの会社も同じじゃないですか?

「PMもどき」いっぱい居るでしょう!

「SEもどき」

「営業もどき」

「部長もどき」

「本部長もどき」

「取締役もどき」

もしかしたら、、、
「経営者もどき」もいるかも。

「もどき」に安住しているので、やる気があるはずがありません

もし、やる気を出して「もどき」から脱出しようとしているなら、
「もどき」になんてあなたからは見えないですよ。

では、どうやって「やる気」を出してもらうか?

それは次回お話しします。

本日も最後まで読んでくださり、
ありがとうございました。

【 あわせて読みたい関連記事 】

Pocket