Pocket

blog_furuhata_phote_name From:
事業承継における
「経営承継と後継者育成」実現士
降旗 利弥

あなたの会社には「○○もどき」が、
溢れているかもしれませんでした。

というより、多くの会社で「もどき」が溢れています。
参照:「もどき」があなたの会社に溢れている!

社員に「もどき」から脱却してもらうには、
仕事へのやる気、意欲を出してもらうことです。

では、どうやって「やる気」を出してもらうのでしょうか?

 

やる気をだしてもらうには、、、

社員に関与してもらう仕事について、
社員自身が、

  • その仕事をやる目的
  • その仕事の意味合い
  • その仕事が行われる事業の価値
  • その仕事による事業価値への影響度、貢献度
  • 対象となるお客様
  • その仕事によってお客様が到達する状態

を詳しくはっきりとわかり、納得できるようにします。

「良くわからないけれどやっている。」
「指示されたからやっている。」

この状態は、単純に「やらされている」だけです。
やらされている限り、やる気はでません。

ただ仕事をこなすだけ。
仕事をやらずに怒られることを避けるだけです。

 

先ほどの内容が詳しくなったとしても、これだけでは納得しません。

事業や仕事への理解が深まるだけです。
納得して、自らやろうという「やる気」にはつながりません。

しかし、先ほどの内容を知り、理解することは、前提として絶対に必要です。

その上で、次のことがさらに必要になります。

その仕事を社員である「あなた」にやってもらうことの、
社員である「あなた」にとっての意味・価値と会社の期待です。

これが、社員一人ひとりに、個別に伝えることです。
そして、伝わった内容を、
社員の「あなた」が自分にとって好ましいこと、
自分が求めていること
自分自身に必要なことだと理解し、納得していることです。

ここまで辿り着いていると、
社員の「やる気」が少しずつ出るようになります。

社員の「あなた」に仕事を与えるとき、
ここまで考えてやっている上司がいる会社。
ほとんど皆無です。

だから、社員は「やる気」は出ないし、
与えられた仕事をこなすだけ。

そして指示待ち、自分では考えない社員の山ができます。

そして、社内には「○○もどき」が溢れていきます。
あなたの会社には、
社員という人の資源はたくさんあっても、
活かすことができません。

あなたが尻を叩かなければならない資源ばかりになります。
あなたはイラつくばかりになります。

避けたいですよね。
だからこそ、社員に何を伝えるかがとても重要になります。

 

本日も最後まで読んでくださり、
ありがとうございました。

 

ウィズスマイル
降旗_筆サイン

 

【 あわせて読みたい関連記事 】

Pocket