Pocket

blog_furuhata_phote_name From:
事業承継における
「経営承継と後継者育成」実現士
降旗 利弥

「うちの社員はやる気がなくて!!!」
経営者・社長、後継者の方と
お話しすると良く聞く言葉です。

この状況を解消しようと、
会社の目標をどんなに説明し、掲げてみても、
社員はやる気なんか出しません。

その理由は、
社員のやる気を出すには、わかる中身にする
のように、目標の中身がよくわからないからです。

さらに、
掲げた目標を眺めてみると、その理由がわかってきます。

「売上○○億円」・・・対前年比10%増し

「新規獲得顧客の増大!」

「新製品の開発・市場へ投入」

などなど、
このような文言が目標に並んでいることでしょう。

 

正直に言いますね。

この目標の中身をどんなに、何度読んでも、
この目標の達成、実現のために、

「なぜ、社員の私ががんばらなきゃならないのか」

社員には全く理解できないからです。

よっく考えてみてくださいね。

「売上○○億円」

「新規顧客増大」

なぜこの目標の達成が必要なのでしょうか?

経営者・社長、後継者のあなたは、
よくわかるように社員に説明しているでしょうか。

ほとんどの場合、
そのような事柄、目標となった背景や経緯、理由は、
モゴモゴっと説明するくらいです。

多くの場合、経営者・社長、後継者自身も、
なぜこの目標の達成が必要なのか、
はっきりしていないものです。

昨年と比較してとか、
今までの成長から考えてとか、
なんともわからない理由で導き出されていることが少なくないからです。

このような状況なので、
なおさら経営者・社長、後継者は、
目標となった意味、目標達成の意義を、社員に話しません。

社員は良くわからないので、

「やろう!」なんて思いません。

訳もなく、理由も良くわからずに、

「苦労して、努力しよう」なんて、

人は、そんなことは思わないからです。

 

社員は人だからです。

会社、事業、経営の部品ではないからです。

その点がわかっているのか、それともわからずに、
目標を掲げ振り回しているのか。

この差が、結局、業績に跳ね返っていきます。
社員のやる気の有無に跳ね返ってきます。

 

本日も最後まで読んでくださり、
ありがとうございました。

 

ウィズスマイル
降旗_筆サイン

 

【 あわせて読みたい関連記事 】

Pocket