Pocket

blog_furuhata_phote_name From:
事業承継における
「経営承継と後継者育成」実現士
降旗 利弥

経営者・社長、後継者のあなたが、
頼りにしたい、今後も活躍してほしい、
と考えている社員が突然、退職を願い出る。

こんな経験をされた方は少なくないと思います。

「こんなに目をかけてやったのに。人の心はわからないものだ」と、
嘆くこともあったことでしょう。

こんなことになる原因は、
重要だと考える社員に、
経営者・社長、後継者の考えが伝わっていないから。

経営者・社長、後継者のコミュニケーションスキルに課題があるからでした。
参照:経営者・社長、後継者のコミュニケーションスキル

重要だと考える社員が突然退職する原因は、
コミュニケーションのスキル以外にも課題があるからです。

この先は、耳の痛い話が続きます。
耳の痛い話は聞きたくない方は、今日は、この先は読まないでくださいね。

コミュニケーションスキル以外の課題。
それは、、、

 

経営者・社長、後継者のあなたは、
どのような社員と日頃から会話をし、ミーティングや個別面談を行っているでしょうか。

「営業が重要だから、営業職との打ち合わせが多い」
なんて話ではないですよ。

多くの場合、打ち合わせや面談の時間、回数が多くなる相手は、
あなたの指示に従ってくれる「イエスマン」という場合が少なくありません。

経営者・社長、後継者のあなたの考えに、
反論することなくほぼ賛同してくれる役員や社員。

あなたが言ったこと、指示にすぐに従ってくれる役員や社員。

このような人との打ち合わせや会議、面談に相談が、
多くなってはいないでしょうか?

人の出入りの激しい会社、
特に、「できるクラスの社員」の出入りが少なくない会社は、
この傾向が強いことが多いですよ。

 

あなたが役員や社員に仕事を行わせる目的を考えてみてください。

あなたの考え、意見、指示内容に、
なんでもかんでも「イエス」と答えてやってくれる人をたくさん集めることが、
あなたの経営をするうえでの目的なのでしょうか?

それとも、業務や事業が成長し、円滑に進み、
成果・結果を生み出すことが、経営をするうえでの目的なのでしょうか?

この点を意識していない経営者・社長、後継者は少なくありません。

意識していないので、
その時、自分が心地よい状況に流されていきます

その結果が、イエスマンとなった役員、社員を重用し、
頻繁に長くコンタクトするようになります。

そして、うまくいかなくなると、
スケープゴートの社員を作って、そこに責任をみんなでおっかぶせるわけです。

こんなことを繰り返して、
「できる社員」を失っていく会社、業績が下降していく会社をいくつも見てきましたよ。

ちょっと考えてみてくださいね。

あなたの意見になんでも同意する「イエスマン」に、
相談する意味があるでしょうか?

それって、経営者・社長、後継者のあなたが、
「私の独りよがりじゃない。誰かに相談して決めた」
という予防線を張っているだけではありませんか?

反論や苦言を言われると嫌な気持ちになるので、
それを避けるためにも「イエスマン」に話を持ちかけているだけではありませんか?

 

あなたの会社の経営、事業、ビジネスを考えて、
イエス、ノーの必要なことをあなたに言ってくれる人が、
あなたにとって、本当に重要な「できる人」です。

その人の意見が、必ず正しいという意味ではありません。
反対意見は疑問がでてくることで、
あなたの考え、意見は、より優れたものになるでしょう。

もちろん、その中に、
当初のあなたの考え、意見を実施しない、という選択肢はあります。

しかし、さらに考えること、別の視点で見ることで、
あなたの意見、考えは、より好ましいものになっていくでしょう。

反対意見、疑問の出てこない時は、
逆に、「おかしい」と思った方が良いです。
それは、周りがみんな「イエスマン」だと考えた方が良いです。
危険な兆候だと考えましょう。

 

苦言や疑問を呈する役員や社員側にも勇気がいります。

それによって経営者・社長、後継者の逆鱗に触れて、
仕事上の立場が悪くなれば、会社に居ずらくなりますからね。

それでも、疑問を呈し、反対意見を言ってくる人は、
本当に貴重な存在です。

そのような役員、社員を遠ざけるのではなく、
そのような役員、社員にこそ、頻繁に時間を設けて、
意見を聴き、議論をし、面談をしてください。

そうすれば、経営者・社長、後継者のあなたと、
「できる人」の間に関係性が深まるでしょうから、
突然退職なんてことにはならないでしょう。

人は誰も完璧ではありません。
足りないところもあるし、考え違いの部分もあります。

それを補ってくれるのが、反対意見であり、疑問です。

あなたの考え、意見に、
疑問も反対意見もなかったとしたら、
それは穴だらけ、足りない部分ばかりで進めることと同じです。

成果が出るかと考えれば、答えは簡単にでるでしょう。

ということは、、、

あなたの考え、意見への疑問や反論を、
あなたはなにはともあれ聴く必要があります。

経営者・社長、後継者のあなたが相談し、面談に、
時間と回数を割くべき相手は、
あなたの周りに今溢れている「イエスマン」ではなく、
苦言や疑問、反論をしてくれる人です。

しかし、多くの場合、これができません。

経営者・社長、後継者の心を持ち合わせていないからです。
そもそも、心、精神が弱いからです。
経営者の器ではないのに経営者・社長、後継者になってしまったからです。

 

苦言や反論、疑問を聴くことができないのなら、
正直に言って、経営者、後継者、役員の座にとどまることは、
あなたには適していないかもしれません。

経営者・社長、後継者として、
どのような考えと行動をすることが、
経営、事業、ビジネスにプラスに働くのかを、
真剣に考えてみてくださいね。

 

本日も最後まで読んでくださり、
ありがとうございました。

 

ウィズスマイル
降旗_筆サイン

 

【 あわせて読みたい関連記事 】

Pocket