Pocket

blog_furuhata_phote_name From:
事業承継における
「経営承継と後継者育成」実現士
降旗 利弥

先日、ある会社の経営幹部の方と
話をしていた時のことです。

その方の部下の社員の話になりました。

「信じられないんですよ。
◯◯のことも知らないんんですよね。
それでこの業務をやろうなんて考えているのは信じられませんよ。」

「どうしてやろうかと思っているんですよね。
このままじゃぁ、仕事は進まないし、かといって、
代わりになる人が、今の当社にいるわけではないし。」

 

ここまで辛口ではないにしても、
経営者・社長、後継者のあなたは、社員や部下の役員について、

「なぜこんなこともできないんだ!」
「なぜこんなことも知らないんだ!」
「これもあれもできないなんて信じられない!」

というようなことを、思ったこと、口にしたことが、
あなたにも少なからずあったのではないでしょうか?

私自身、経営コンサルタントから、
中小企業の役員に転身して事業の運営責任を負い、
すでに社員だった人たちが部下になった時に、同じようなことを思いました。

「なぜこんなことがわからないんだ!」
「なぜこれができないんだ!」
「どうして言われるまで待っているんだ!」  などなど

このような言葉を口にし、時には、社員自身に言うこともありました。

経営、事業運営に携わると、
経営者・社長、後継者だけでなく、役職者も同じようなことを口にしますね。

しかし、ちょっと考えてみてください。

あっ、本日の内容は、
経営者・社長、後継者のあなたには、耳の痛い話だと思います。
気分を害するかもしれません。
耳の痛い話は聞きたくない方は、今日は、この先は読まないでくださいね。

あなたが文句を並べている、その社員を採用したのは、一体誰でしょうか?

ほとんど場合、経営者・社長、後継者のあなた自身ではないでしょうか?
あなたが採用した社員に対して
できが悪いと文句を言っている状況だと思いませんか?

その社員本人のできが悪いことが原因のような口ぶりですが、
本質を言えば、あなたの人材採用の能力がなかった結果だと思いませんか?

その社員が悪いのではありません。
もちろん、採用面接などの際に、偽ったことはあったかもしれません。

しかし、ほとんどの場合、
採用する側に採用に関する能力がなかったから
結果として、
あなたの事業にプラスにならない人材を採ってしまったわけです。

その結果、今になって、あなた自身が、
その社員に対して文句を並べることになっているわけです。

自業自得です。

もし、人材採用に関してあなたに能力が備わっていた
あるいは、効果的な採用を手伝ってくれる第三者の力を借りていれば
あなたが文句を言っている社員を採用することはなかったことでしょう。

そうなっていたら、
「できが悪い!」と文句を言うような人材ではなく、
「できが良くて、採用は大正解だった」と喜べるような人材を
採用していたことでしょう。

少なくとも、今、あなたが「できが悪い」と文句を言っている社員は、
あなた自身が採用したか、あるいは、あなたの部下が採用しているのです。

あなたの会社の、人材採用の能力が十分ではない状況だ、
という現実を直視してくださいね。

あなたが社員人材に文句を言うのは、
天に唾を吐くようなものです。

まずは、社員をこき下ろすのは止めましょう。
自分のこき下ろすのことと同じ状況ですからね。

人材採用のやり方次第で、
文句を言うような社員を獲得するのか、
成果に貢献する社員が獲得できるのか。

そこには雲泥の差があることを、真剣に考えてみてくださいね。

 

本日も最後まで読んでくださり、
ありがとうございました。

 

ウィズスマイル
降旗_筆サイン

 

【 あわせて読みたい関連記事 】

Pocket