Pocket

blog_furuhata_phote_name From:
事業承継における
「経営承継と後継者育成」実現士
降旗 利弥

経営・事業で成果を手にするには

何をやるかより、
誰とやるのかということが成功には重要だ

ということをお伝えしてきました。

参考:
あなたは成功できない経営者・社長、後継者かも!?
年齢で人材の採用を決める!?
どのような人材を選び出すと成果を手にできるか?

「誰」とやるのかとなったとき、
対象である「誰」かは、社員でなければならないのでしょうか?

「できる人」と一緒に仕事がしたい。
能力が高く、
マインドセット(考え方や仕事への姿勢)のレベルが高い人と一緒に仕事がしたい。

経営者・社長、後継者のあなたなら、
だれもが望むことではないでしょうか。
その方が成果がでやすいからです。

しかし、、、

そんな人は、そんなにたくさんはいないし、
ましてや、あなたの会社の社員になってくれるなんて、、、
そう簡単なことじゃないよな、

と思っているでしょう。

ここで、不思議なことがあります。

一緒に仕事をする人は、
あなたの会社の社員にならなければならないのでしょうか?
「社員になる」ことが、一緒に仕事をする「できる人」に、
本当に必要なのでしょうか?

例えば、、、

実務について「できる人」に業務委託をしたらどうでしょうか?

あなたの会社の役職であっても、
業務の実施とともに、部下の評価や育成を含めて、
業務委託をしたらどうでしょうか?

「そんな規定、当社にはないから。」
「今まで前例がないし、、、」

当社の規定は、当社だけのルールを変えればどうにでもなります。
前例がなくても、
必要なことなら今回からやればいいんですよね。

あなたが経営者・社長、後継者ならば、
自社の規定・ルールを変え、前例がないことを実行することは難しくありません。

もちろん、独断でやってしまうことが良いとは思いませんが、
経営者・社長、後継者のあなたが必要かつ重要だ、
と考えるなら、やることは難しくありませんよね。

それにもかかわらず、理由にもならないことをあげて、
あなたは「できる人」と一緒に仕事をする機会を逃しますか?

あなたが実現したいことは何でしょうか?
社員を採用することですか?
「できる人」を社員にすることですか?

違いますよね。

事業の目的、経営の目的の実現に向かい、
成果(売上獲得、利益獲得、業務の実現)を手に入れることですよね。

それに必要なことをおこなう。
これが経営であり事業の運営だと思います。
「社員がいいな。」
「社員になってくれたら。」

これは、社員にすれば、

  • 暗黙のうちに、指示、命令しやすい。
  • 経営者・社長、後継者のあなたが、その人の管理がしやすい。
  • 社員という暗黙のルールでなんとなく縛っておける。
  • いざという時にすぐに呼びだせる。
  • 機密事項も気兼ねなく扱うようにできる。

ただ、それだけのことですよね。

社員でも出張や外出で、捕まらないことは多いですよ。
社員でもセキュリティの問題は抱えています。

管理がしやすいって、そもそも何をしたいのでしょうか?
業務委託の範囲に必要な事柄を組み込めば、
別に社員でなくても支障や困ることはありません。

こんなこと、一度やってしまえば、
あとは手直しで済むから簡単なことなのですが。

今までそんなこと考えていなかったから、
業務委託契約の文言が面倒だとか、
そんな些細な理由だけのことで、社員の方が楽だよねと言っているだけです。

もし、業務委託になれば、
フルに勤務しなくとも、フルに勤務する以上に成果を出す人は少なくありません。

働いていると分かりますが、
会社にいるからといって、フルに業務をしているとは限りませんからね。

暇していたり、空いている時間は結構あります。
今日はもう退社できるんだけどな、という日もあります。

社員として、フルタイムを拘束しているからといって、
成果が出る、管理しやすいとは限らないのですね。

「できる人」に業務委託すれば、
経営者・社長、後継者のあなたは、
今まで以上の成果を経営、事業で手にすることができます。

委託費用だって、
給与に福利厚生費を乗せて支払えば、
かなりの額にすることもできますよね。

社員ではなくても業務委託をすればと考えれば、
誰と一緒に仕事をするのかという選択肢が広がり、
経営、事業の本当の目的を達成することができますよ。

本日も最後まで読んでくださり、
ありがとうございました。

 

ウィズスマイル
降旗_筆サイン

 

 

【 あわせて読みたい関連記事 】

Pocket