Pocket

blog_furuhata_phote_name From:
事業承継における
「経営承継と後継者育成」実現士
降旗 利弥

経営者・社長、後継者の方の多くは、

「うちの会社には人材がいない」
「うちの会社ではなぜか人が育たない」

と思ったこと、口にしたことが、一度や二度はあると思います。

私も役員だったころ、
同じような言葉が、なんども頭に浮かびましたから。

この状況から脱するために、あなたはどうするでしょか。
社員を育てるために、研修に今まで以上に力を入れることを考えるでしょう。

ある中規模の会社では、
大企業が社員一人に割く研修費を上回る費用を割り当てたと豪語していました。

外部の高額な研修を社員が受講することにはなりましたが、
それだけのことでした。

仕事のやり方が変わる、業績が良くなる、なんてことは、
まるっきり起こりませんでした。

 

人事考課で社員の考えは変わると考え、
考課項目を増やし、細かくした会社もあります。

だからといって、
社員の能力が伸びたわけでも、人材が増えたわけでもありませんでした。

 

そもそも、
良い人を採用すれば、悩みは消えると考えた会社もありました。

新卒採用、中途採用に、いろいろな人材会社を使いました。

しかし、入社数年で辞める社員は減らず、
人材の状況も、何も変わりませんでした。

 

正直にいますが、、、

それぞれをなんとかしようと手を打っても、
結局、人材の課題は、何も解決しません。

人事考課。
社員教育。
人材採用。

それぞれが、バラバラに存在しているのではなく、
それぞれが関係して人材が育ち、できる人材として成果をもたらします。

全てのことが、
一つの考えを土台にして組み立てられ、
初めて成果・結果をもたらす項目です。

 

あなたが必要としているのは、

採用時に良かった人材ではないですよね。

人事考課が良い社員は望ましいでしょうが、
それが一時のことではなく、継続し、成長し続けることですよね。

研修受講が真面目な社員ではなく、
学びを実務に活かし、成果を出す人ですよね。

人事考課。
社員教育。
人材採用。

それぞれをなんとかしようと考えているので、
いつまで経っても、

「人材がいない、人材が育たない」

状況から、逃れることができません。

 

どのような社員が、人材として必要なのか。
入社してから、どのように育って欲しいのか。

この点が、あなたの会社の社員という人材に関する、

土台となる考え

です。

そこから逆算して、採用、社員教育、人事考課で

何をするのか
どうやるのか
何を評価するのか

を考えてくださいね。

 

本日も最後まで読んでくださり、
ありがとうございました。

 

ウィズスマイル
降旗_筆サイン

 

 

【 あわせて読みたい関連記事 】

Pocket