Pocket

20160329
blog_furuhata_phote_name From:
事業承継における
「経営承継と後継者育成」実現士
降旗 利弥

会社経営の不安を、経営者・社長は抱えています。
それを取り除くにはどうするのでしょうか。

ある保険会社のTV CMで

「未来は希望と不安でできている」

というのが、最近流れています。

俳優の濱田岳さんが、
ハリウッド映画に、米国大統領での主役が決まったとなり、
「できますかねぇ」と不安の表情になる。

「ママに似ているところが好き」という彼氏が、
ママからの電話を受ける横で、
マザコン彼氏に不安になる女優の川口春奈さん。

「未来は希望と不安でできている」

が流れて、だから自動車保険が、、、というCMです。

どちらの場合も、希望の裏返しで不安が募っています。

 

会社・事業の将来は、同じように「希望と不安」でできあがっています。

実際のところ、
社長には、希望よりも不安が大きくのしかかっています。

  •  このまま会社をやっていけるのか。
  •  社員はついてくるのだろうか。
  •  売上は横ばいのママか、それとも下がってしまうのか。
  •  運転資金は、大丈夫か。
  •  能力ある人を採用できるのか。
  •  社員は育つのか。
  •  倒産なんてことになったら、、、

このような不安が、社長の頭には渦巻いています。

会社経営の多くの場合、「希望」の姿がハッキリしません。
というより、希望に当たる会社の将来を
詳しく考えていることは多くはありません。

なんとなく、売上◯億円とか、
続いてくれれば良いとか、漠然としたことばかりです。

そのために不安ばかりが増していきます

 

どのような領域で、どのように事業を展開するのか。
どのような人材がいて、どのように経営をしているのか。

もしこのような姿が、具体的に描けていたとしたら。
希望の姿を実現するために、どのようなことに取り組むのか。
なにをやるのか。どのように、やり始めるのか。

これらの中身を、経営者・社長のあなたが、
実現したいと本気で考えていたらどうなるでしょうか。

不安を抱く原因は、

どうなるのかという先の姿が漠然としてわからないから

であり、

どうすれば実現できるのかわからず行動できずにいる

からです。

希望の中身がハッキリすると、
不安の中身がもっと具体的な中身に変わります。

不安が具体的になるので、
対応できるようになります。

対応することで、
次にどうするのか、わかるようになります。

次の行動ができます
それによって結果がでます。

希望に向かって進む過程で、不安は解消されます。

進む過程で新たな不安が生まれますが、
具体的な中身なので、同じように解消されます。

抱えている不安を解消するには、

  • 会社経営の将来という、希望の中身を具体的にすること
  • それを実現するために行動する内容を詳しくすること
  • そして行動を始めること

です。

漠然とした期待を抱える限り、不安が大きくなるばかり。
解消することはありません。

 

本日も最後まで読んでくださり、
ありがとうございました。

 

ウィズスマイル
降旗_筆サイン

 

 

【 あわせて読みたい関連記事 】

Pocket