Pocket

20160331
blog_furuhata_phote_name From:
事業承継における
「経営承継と後継者育成」実現士
降旗 利弥

 

本日は、

結果を得るには、悩み迷うよりやることがある

です。

 

会議や打ち合わせ、ミーティングの予定がなく、
空いている時間で仕事をしていることあります。

予定はないけれど、やることはたくさんあります。

経営者・社長として、後継者として、
考えておくこと、やっておくことは少なくありません。

例えば、

  • 売上・利益のアップの方法
  • 社員の不足の解決方法
  • 社員の育成の仕方
  • 業務の改善、効率の実現方法
  • 商品、サービスの改善、開発
  • 運転資金の調達

などなど。

あなたにも当てはまることがあると思います。

あなたが後継者ならば、
社長との関係、事業承継はいつくるのか、事業承継をどうやるのか、
といったこともあるでしょう。

 

たくさんのことをやる必要があります。

でも、、、

時間があっても、なかなか取り組めません。

どのテーマも、簡単ではありませんから。
どれも複雑で、面倒なことばかり。

それがわかっているので、やろうという気分が湧いてきません。

「あと10分経ったらやろう。」
「10分経ったけれど、あと20分経ったらやろう。」

と考えているうちに、
あっという間に1時間が経っていることも少なくありません。

「あちゃー、もうこんな時間か!(やらなきゃいけないことは、)明日やろう。」
と先送りです。

明日になっても同じことです。

こうやって、先延ばしが繰り返されます。

いつまで経っても、考えておくこと、やっておくことは減らないし、
なにも進展しません。

経営者・社長、後継者のあなたは悩み迷い続けます。

 

これに対して、、

やろうという気分が湧いてこないとき、
受験勉強、試験勉強とか、
なにはともあれ、机の前に座って
やり始めたことがあなたにもあると思います。

不思議なのですが、
10分も経たずに、結構真剣にのめり込んでいますよね。

気がついたら1時間ぐらいやっていた、なんてことが、
あなたにも少なくなかったと思います。

実はこのブログの原稿も、
アイデア、やる気がなくても、机に座って書き始めることが少なくありません。

ほぼ書き上げて時計を見ると、30分、1時間が経っています。

結果が欲しいのならば、
気分がのらない、とやらないでいるより、なにはともあれやり始めましょう。

「どうしようか。明日にしようか」
などと言っていないで、始めましょう。

「どうしたらいい?」
「うまくいくのかな?」
「そんな風になるのかな?」

成果・結果を出せない人は、
このように疑い、悩み迷っています。

頭で考えて「ああだ、こうだ」と言っているだけです。

いつまで経っても、現実はなにも変わりません。

あなたは、同じことを悩み迷い続けたいのでしょうか。
それとも、行動し始めて、今と違う結果を手にしたいでしょうか?

どちらを選ぶのかは、あなた次第です。

メルマガ読者のあなたには、

何はともあれ動き出して、今と違う結果を手に入れて欲しい

と私は心から願っています。

 

本日も最後まで読んでくださり、
ありがとうございました。

 

ウィズスマイル
降旗_筆サイン

 

 

【 あわせて読みたい関連記事 】

Pocket