Pocket

20160414blog_furuhata_phote_name

From:事業承継における
「経営承継と後継者育成」実現士
降旗 利弥

本日の内容は、

「続けたい」と思うなら考えておくこと

です。

大手学習塾のTVCMを見ていて、
「そうなんだ!そうだよ!」と笑ってしまいました。

小学生らしき男の子の二人のイラスト。

「山田、すごい発見をしたよ!三日坊主にならない方法だよ!」

「なに?なに?」

胸の前でぐっと拳を握り、「四日やるんだよ!」

「おぉー!」
これ最初に見たとき、
「そりゃ、そうだわな」と吹き出してしましました。

ただし、続けることの本質をついていますよね。

三日坊主になりたくないなら、四日やればいいのです。
四日坊主になりたくなければ、五日目もやればいいんです。

至極当然、簡単なことですよね。

 

し・か・し!!!

わかっちゃいるけどできません。

四日目に限らず一日でもやらないと、
「あーあっ、やれなかった」とめげてしまいます。

「昨日やれなかったし、、、」と、
次の日にやろうという気力が失せてしまいます。

それでやらなくなってしまいます。
私もできずにいました!

 

一日やらなかったことなんてことは、
続けることにはなんの関係もないのですけどね。

三日目までやって、四日目やらなかったとしても、
五日目にやればいいだけです。

「必ず、絶対、毎日やるぞ!」と決めていて、
それでも一日やらなかったとしても、それでどうなるわけではありません。

自分の決め事が、少し守れなかっただけです。

その程度のことなのに、
「やりつづけるぞ!」としたことをやらなくなってしまいます。

やること、やり続けることが大切なのか。

それとも、
たとえ一日でもやらない日が存在しないことが大切なのか。

どちらが重要なことなのでしょうか。

考えるまでもありませんよね。

すぐにわかることです。
それにもかかわらず、一日やらなかったことを言い訳に、
やらなくなっているだけです。

考え方ひとつです。
それだけで行動は変わります。

行動が変わるから結果が変わります。

私の言っていることお分かりですよね。

しかし、こんな声が聞こえてくることも、私、わかっています。

「それはわかっている。わかっているけれど、、、」

そうなんです。

「わかっちゃいるけど、それでもできないんだ」
という経験を私もしてきました。

それをどうやって回避するのでしょうか。

それは、、、

次の記事にて。

 

本日は次の点、

やり続けようと思うなら、
やらない日があっても気にせずに「やる」と決めるだけ

を忘れずに覚えておいてくださいね。

本日も最後まで読んでくださり、
ありがとうございました。

 

ウィズスマイル
降旗_筆サイン

 

 

【 あわせて読みたい関連記事 】

Pocket